ソーシャルレンディング投資の罠

数年前より企業がインターネット上で資金を調達する「ソーシャルレンディング」がその規模を伸ばしている中、債務不履行などいくつかのトラブルも目立つようになってきました。

私も検討したことがあるソーシャルレンディングについて考えてみました。




ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングとは『ネット上でお金を借りたい人、企業』と『ネット上でお金を貸したい人、企業』を結びつける融資仲介サービスである。類似のサービスに、投資型クラウドファンディングがある。貸金業法の金銭消費貸借契約を伴うものや株式投資型などの形態がある。

※wikipediaより

ものすごくざっくりいうと「お金を融資する」ことです。銀行が企業にお金を貸して利子をもらうのと同様に、個人が(ソーシャルレンディング業者を通して)企業にお金を貸して利子をもらう。ようなイメージです。

その市場規模は年々拡大しており、2014年度は150億円規模だったものが2018年度はおよそ10倍の1500億円規模になっているようです。

ソーシャルレンディングのメリット

利回りが高い

ソーシャルレンディングの一番のメリットは高金利です。年利5%以上のものもたくさんあり、中には10%近い商品もあります。銀行にお金を預けても増えない時代ですから、高利回りにひかれる人は多いですよね。

あまり考えなくてよい

初めに融資先を選んだ後は基本何もすることはないです。株やFXと違い価格の変動はしないので、ただ時が過ぎるのを待つだけです。また、比較的少額から始めることができる(1万円~)のも良い点です。

ソーシャルレンディングのデメリット

リスクが高い

当然ですが、わざわざ一般の人から高金利でお金を集める。ということは金利の低い銀行から借りることができなかったからです。

そのため、業績不振になり「金利が払えない」どころか、元本すら戻ってこないということもあります。また、借り手保護のため、投資家は具体的な投資先を知ることができず、リスク判断をソーシャルレンディング事業者まかせになってしまいます。

業者の信頼度がいまいち

全ての業者に当てはまるわけではないですが、いくつかのソーシャルレンディング事業者が行政指導、ひどいものだと業務停止命令を受けています。

商品の特性上、投資家は事業者の評価を信じるしかなく、その判断が甘いと痛い目を見るのは判断をした事業者ではなく投資家です。

最後に

ものすごく人気のものだと受付開始で即完売となるケースもありますが、とてもハイリスクな商品も多いです。

もちろん、ハイリスクを覚悟のうえで投資するのであればよいですが、比較的安全で高金利という認識で行うのはとても危険です。

とはいえ、最近では大手のソーシャルレンディング事業者が信頼度を上げるため、比較的金利の低め(3%前後)の商品でリスクの低い企業に融資先を限定したものも出てきているようです。

確かに、それくらいの金利であれば企業側からすると場合によっては銀行よりも低い金利になり、投資家からすると銀行に預けるよりはるかに良い金利です。

そのようなものが確立され、事業者の信頼度が上がってから分散して投資するのは有りだと考えていますが、現状ではそこまで確立されていないと感じるので、まだまだ投資先としては厳しいと考えています。

個人的には将来に期待しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする