正栄食品工業の株主優待の利回りはいくつ?今後の株価と配当金はどうなるのか分析!【8079】

食材専門商社である正栄食品工業(8079)の株主優待制度の内容と利回りの確認と、今後の株価と配当金がどうなるか、業績推移・株価チャート・株価指標・配当金の推移を分析してみました。

正栄食品工業の株価POINT
  • 株価に割安感はなく、配当・株主優待の利回りはそこまで高くはない
  • 2020年10月期は増益見通しで増配予定
  • 2期連続で下方修正していることからやや見えにくい部分がある
スポンサーリンク

正栄食品工業の株主優待制度について

初めに正栄食品工業の株主優待制度について確認していきます。

株主優待の内容

正栄食品工業の株主優待は100株以上保有で「自社製品の詰め合わせ」、500株以上保有で「通販カタログ掲載商品の50%割引券」をいただくことができます。権利日は4月末と10月末の年2回です。

所有株式数優待品
100株以上自社製品(菓子類の詰め合わせ)
500株以上割引商品券 1枚
1,000株以上割引商品券 2枚
3000株以上割引商品券 3枚
5000株以上割引商品券 5枚

優待のお得度について

100株以上保有しているといただける自社製品の詰め合わせですが、毎回内容は異なりますが、大体3,000円分くらいとなっています。優待利回りは約0.7%です。

500株以上保有しているといただける割引商品券は1枚につき通販カタログ掲載商品が3,000円まで50%引きとなります。約200万円必要なので少しハードルが高いですね。

株主優待のお得度としては若干微妙な気がします。

参考:株式情報|正栄食品工業公式サイト

株価指標と事業内容について

次に株価指標と事業内容について見ていきます。

株価指標と配当利回りについて

現在の株価:3,995円

予定年間配当:48円

年間配当利回り:約1.2%

予想PER:23.8倍、PBR:1.73倍

株価は一時期に比べると下がりましたが、それでもまだ割高感があります。配当利回りもあまりよくないです。

※株価は2019年12月25日終値

正栄食品工業(8079)とは

正栄食品工業は食材専門商社として、原料乳製品、油脂類、製菓原材料類、缶詰類、乾燥果実・ナッツ類、菓子・リテール商品類などの輸入および卸販売を行っています。また、食品メーカーとしての事業も行っています。

参考:会社概要|正栄食品工業株式会社

業績推移と株価チャート・配当金の推移について

次に業績推移と株価チャート・配当金の推移についてみていきます。

売上高と経常利益の推移

売上は大きくは増減していませんが、経常利益はやや減益しており中々厳しいです。2020年10月期は増益の見通しですが、2018年10月期、2019年10月期と2期連続で当初の見通しより下方修正を行っているので、なかなか苦しんでいるという印象です。

参考:業績・財務情報|正栄食品工業株式会社

正栄食品工業の株価チャート

下記は正栄食品工業の5年分の週足株価チャートです。

2020年10月度の業績見通しが明るい事や増配がプラス材料となり上昇しています。

ココからの上値メドは5,000円、下値メドは3,000円といったところでしょうか。指標上で割安感もなく、3年前には2,000円近くで買えたことを考えるとやや買いにくい位置です。

配当推移について

下記は正栄食品工業の配当推移です。

配当金の推移

2015年10月期:18円
2016年10月期:24円
2017年10月期:40円
2018年10月期:46円
2019年10月期:46円
2020年10月期:48円 (予)

2020年10月期は2円の増配予定としました。

基本方針は「安定的な配当を維持すること」としています。やや減益傾向ですが、2019年10月期の配当性向は約29%、2020年10月期の予想配当性向は約28%と適正水準です。

参考:2019年10月期 決算補足資料|正栄食品工業株式会社

最近の業績と今後の見通しを確認

最後に最近の業績と今後について見ていきます。

最近の業績を確認

2019年12月13日の決算にて2019年10月期の連結経常利益は40.2億円と発表、前期比で17.7%減となりました。また、2020年10月期は43億円に伸びる見通し、年間配当は2円増の48円に増配する方針としました。

今後の見通しについて

2019年10月期は米中貿易摩擦の影響、円高や天候不順の影響などから下方修正を行い非常に厳しい状況でした。現在の株価にも割安感はあまりないです。

2020年10月期は増益の見通しとしましたが、米中貿易問題や人件費上昇などやや見えにくい部分はあります。

2019年初の2,500円~3,000円辺りでは割高感が抜けて買戻しが入っているので、再度そこまで下落すれば反発する可能性はあります。もちろん、米中貿易摩擦の進展次第では業績に大きな影響があるので、順調ならばこのまま株価が下落することなく、まだまだ株価が伸びる可能性もあります。

タイトルとURLをコピーしました