セルインメイであえて株を買った結果と今後

以前、今年は「あえて5月に株を買う」という記事を書きました。今回はその結果報告です。

5月に購入した銘柄は短期で保有するつもりで、7月までには手じまいの予定でした。予想より早く株価が伸びた銘柄もあり、今日で5月に購入した銘柄全て売却しました。




株を買った理由

詳しくは下記の5月に書いた記事にありますが、はっきりとした理由があったわけではないです。ものすごく簡単に言ってしまうと単純に「安いので買った」になります。

GW前に現金比率を高めてあり、余裕があったというのもありますが合理的な理由はないですね。

購入銘柄

購入銘柄は最終的に記事にも書いたシャープ(6753)、東海カーボン(5301)、東芝テック(6588)の3つです。

他にも保有したい銘柄はいくつかありましたが、思ったより株価が下がらなかった。というのが大きな理由で見送りました。(日経平均2万円以下も想定して動いていました)

小銭トレーダーの私は限界まで下がるのを待つことが多く、逃すことも多いです。今回もニコン(7731)とゼリア新薬工業(4559)も狙っていた銘柄でしたが、逃してしまいました・・・。

とはいえ当然、見送ってよかった銘柄もあるので、この判断はいつまでたっても勉強です。

購入結果

各銘柄の結果は下記となりました。

銘柄株価
シャープ
(6753)
998円 → 1112円
(+114円)
東海カーボン
(5301)
1103円 → 1067円
(-36円)
東芝テック
(6588)
2727円 → 2833円
(+133円)

全て5月14日に購入し、シャープは6月12日売却、東海カーボンと東芝テックは本日6月18日に売却しました。

個別に見ていくと、シャープはA種優先株式の取得・消却が発表され優先配当と金銭償還の負担解消期待から大幅に上げたときに上げすぎ感を感じたため利確。

東海カーボンは購入後にプラスとなったタイミングもありましたが、数日前にドイツのメーカー買収で資金負担増が懸念されて大きく下落したのであきらめて損切り。

東芝テックは証券会社のレーティング情報?の影響なのか、急伸し利確。

ちなみに、5月14日の日経平均株価の終値は21067円、6月18日の終値が20949円。TOPIXは1534ポイントが1528ポイントのため、必ずしも「株を買っていたら利益が出たとは言えない」です。

良くも悪くも、購入した銘柄が比較的早い段階で材料が出たのでタイミングが取りやすく、それが利益につながったと考えています。

最後に

今回の「セルインメイであえて買う作戦」は相場全体が上昇して利益がでたのではなく、選んだ銘柄がヒットしたというのが大きいので少し複雑な感じです。

ちなみに、セルインメイは「5月に株を売り、9月中旬に相場に戻ってこい」というものです。

格言の上ではまだ相場から離れた方がいい時期ですが、まだまだ買いのチャンスと考えていて、再度短期保有銘柄を選別しています。

これから6月後半、7月頭にかけての購入予定の銘柄としてはスーパー、ドラッグストア、外食など小売り内需系銘柄に目を付けています。

どれも価格競争の激化、消費税増税の影響が懸念されて軟調になっているのがあるので、「あえてねらい目では」と考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする