テクニカル分析の第1歩「ローソク足」

株やFXなどの投資を行う時のテクニカル分析にはさまざまなものがあります。

これからテクニカルについてもいろいろ考察・検証をしてみようと思う中で、まず一番初めに書くこととして「ローソク足」を選びました。投資経験がある人はほとんど知っている超基本的な内容になると思います。




ローソク足とは

投資をしたこともない人でもなんとなく見た事があるかもしれない、下のようなものですね。

実はこれ、日本人が発案したと言われています。

ローソク足は江戸時代に出羽国の本間宗久が発案し、大阪・堂島の米取引で使われたといわれている。現在は日本国内だけでなく世界中のヘッジファンドや個人投資家が、最も基本的なチャートの1つとしてローソク足チャートを利用している。

※wikipediaより

なぜローソク足か

テクニカル指標にはさまざまなものがありますが、インジケーターと違いローソク足は「今、現在の値動きそのままです。」具体的に数値化したものではないため、機械的な取引に利用するのは難しい反面、視覚化されることで多くのパターンが見えてきます。

またローソク足は酒田五法など分析に用いられている例も多く、何本かを組み合わせてトレンドの流れ、転換サインなどを見る手法がたくさんあります。ローソク足自体は超基本的ですが、その利用方法は多種多様です。

ローソク足の見方

ローソク足単体の簡単な説明です。たぶん、ここはほとんどの方がご存知だと思います。

始値より終値が高いものを「陽線」(白抜き)、反対に始値より終値が安いものを「陰線」(黒抜き)で表します。また、始値と終値で作られたボックスをローソク足の「実体」、実体から高値までの線を「上ひげ」、 実体から安値までの線を「下ひげ」と呼びます。

1日単位のローソク足を「日足(ひあし)」、1週間単位を「週足(しゅうあし)」、1ヶ月単位を「月足(つきあし)」と呼びます。

ローソク足の使い方

ローソク足は1本だけを見てトレンドを見ることもありますが、何本かを組み合わせて「三川~~」、「三空~~」などなど「買いシグナル」、「売りシグナル」として利用する方法が多いです。

今回は簡単な「前日の足」「当日の足」を見て「上昇パターン」と「下降パターン」を判断する方法を見ていきます。

上昇パターン(買い圧力強め)

前日の高値より当日の高値が高い、かつ前日の安値より当日の安値が高いパターンは買いが強い時に現れます。「前日高値<当日高値」かつ「前日安値<当日安値」

実際の日経平均チャートで見てみます。緑枠がこのパターンが該当する箇所です。

下降パターン(売り圧力強め)

反対に、前日の高値より当日の高値が安い、かつ前日の安値より当日の安値が安いパターンは売りが強い場合に現れます。「前日高値<当日高値」かつ「前日安値<当日安値」

同じように日経平均チャートで見てみます。黄枠がこのパターンが該当する箇所です。

この「上昇パターン」「下降パターン」だけでも色々と見えてきます。年明け以降で見ると、上昇が20箇所、下降12箇所です。今年は今のところ日経平均株価が上昇しているので当然の結果ですね。

今後の流れの仮説としては

1.4連続の下降パターン出現で下降圧がかなり強くなってる

2.しかし連続したパターンの場合、多少のリバウンドが考えられる

3.今後も下降パターンが上昇パターンより多く出現すると本格的な下降トレンドになる

などなど・・・ですかね。あくまでもローソク足だけを見た場合です。

最後に

私が一番心にとめているのは「完璧なテクニカル、完璧なファンダメンタルはない」ということです。

さまざまな「仮説」を元に検証することで「傾向」が見えてきます。しかし、その「傾向」は、今はそうであっても「未来永劫続くわけではない」ということを常に頭に置き考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする