投資効率の指標となるROE

企業の経営がうまくいっているのかどうかを知るのにROEという指標があります。今回はそのROEについて見ていきます。




ROE(自己資本利益率)とは

自己資本利益率(じこしほんりえきりつ、(英: return on equity)は、収益性分析で用いられる株価指標の一つであって、株主資本(払込資本金と内部留保との和)に対する当期純利益の比率である。

※wikipediaより

もう少し簡単にすると、「ROEは株主のお金をどれだけ効率よく使えたか」ということになります。

ROEは「当期純利益 ÷ 自己資本 × 100」で表されます。例えば、純利益が1億円で自己資本が10億円の場合、ROE10%となります。

経営状態が良くない企業は純利益がマイナスのため、ROEもマイナスとなります。また、順調に利益を上げている企業でも、それ以上に自己資本が膨らむとROEが下がります。

ROEの目安

一般的には7-8%以上なら投資しても良いと言われますが、あくまでも目安となります。実際には全体平均や同業他社と比べ、高いか低いか判断します。

ROEは「JPX日経インデックス400」の銘柄を選定するのにも利用されている指標です。直近3年のROE平均値が高いものが優先的に選別されます。(ROEだけでなく営業利益、時価総額など総合的に判断されます)

毎年8月31日に銘柄の入れ替えが行われ、新たに採用されるであろう銘柄が5月、6月ごろに上昇する傾向があります。反対に除外されそうな銘柄は下落する傾向にあります。

日頃より、ROEを気にしているとJPX日経400銘柄に採用されて株価が上昇なんてこともあるかもしれません。

最後に

ROEは2014年に「JPX日経400」が作られてさらに注目を浴びるようになりました。

しかし、ROEに対して否定的な意見もあります。売り上げを増やさずコストカットを追求して利益を上げてもROEは上がります、また借入金を増やしてもROEは変わりません

コストカットは必要ですが、過剰なコストカットは時としてサービスレベルの低下をまねき、借入金が増えれば事業の安定性は低くなります。

あくまでも参考の一つとして利用するのが良い指標となっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする