株の銘柄選びで役に立つ、投資効率の指標となるROEを解説

株主として、会社がお金をどれだけ効率よく使えているか、利益を上げているかを知ることは重要です。この企業の経営がうまくいっているのかどうかを知るのにROEという指標があります。今回はそのROEについて簡単に解説していきます。

ROE(自己資本利益率)とは

自己資本利益率(じこしほんりえきりつ、(英: return on equity)は、収益性分析で用いられる株価指標の一つであって、株主資本(払込資本金と内部留保との和)に対する当期純利益の比率である。

wikipediaより

もう少し簡単にすると、ROEとは「株主から集めたお金をどれだけ効率よく使えたか」ということになります。

ROEの計算式は「当期純利益 ÷ 自己資本 × 100」になります。

例えば、純利益が1億円で自己資本が10億円の場合、ROE10%となります。(別の言い方をすると、株主から10億円集めて、そのお金を使い1億円の利益を出したということです)

つまり、ROEが高い会社ほどお金を効率よく使えています。経営状態が良くない企業は純利益がマイナスのため、ROEもマイナスとなります。また、順調に利益を上げている企業でも、それ以上に自己資本が膨らむとROEが下がります。

投資目安となるROEの数値とは

ROEは一般的に7-8%以上なら投資しても良いと言われますが、あくまでも目安となります。実際には全体平均や同業他社と比べ、高いか低いか判断します。また、ROEだけでなく他の指標も参考にすることでその精度を高めることができます。

ROEが大きく注目されるようになったきっかけは「JPX日経インデックス400」の銘柄を選定するのに利用されたころからです。 JPX日経インデックス400では直近3年のROE平均値が高いものが優先的に選別されます。(ROEだけでなく営業利益、時価総額など総合的に判断されます)

毎年8月31日に銘柄の入れ替えが行われ、新たに採用されるであろう銘柄が5月、6月ごろに上昇する傾向があります。反対に除外されそうな銘柄は下落する傾向にあります。

日頃より、ROEを気にしているとJPX日経400銘柄に採用されて株価が上昇ということもあるかもしれません。

最後に

ROEには否定的な意見もあります。理由としては「売り上げを増やさずコストカットを追求し利益を上げるとROEが上がること」、「借入金(借金)を増やしてもROEは変わらないこと」。

仮にROE5%の企業が2つあったとして、一つは無借金、もう一つは多くの借り入れがある。ということもありえるます。

コストカットは必要ですが、過剰なコストカットは時としてサービスレベルの低下をまねきます。そして、借入金が増えれば事業の安定性は低くなります。

ROEはそのような理由も有り、あくまでも参考の一つとして他の指標(PERやPBR、有利子負債の比率など)と組み合わせて利用するのが良い指標となっています。

タイトルとURLをコピーしました