リミックスポイントは買いなのか?

最近、ツイッターなどでリミックスポイントの買いあおり、売りあおりを多く見かける。ということで「リミックスポイントは買いなのか。」を検証してみる。

ちなみに私はリミックスポイントの株は持っていないです。

リミックスポイントとは

株式会社リミックスポイントは東京証券取引所第二部に上場しているエネルギー関連事業、自動車関連事業、金融関連事業、旅行関連事業を営む企業

※wikipediaより

SNSで話題になってる1番のポイントは、金融関連事業として子会社のビットポイントジャパンが仮想通貨交換所「BITPOINT」を運営している点です。

BITPOINTがどれだけ伸びるか。」が今後リミックスポイントが伸びる鍵となってくるのは間違いないです。

ちなみに、BITPOINTは私の大好きなサッカーの本田圭佑選手がイメージキャラクターをつとめています。

仮想通貨交換所とは

BITPOINTがどれだけ伸びるかを考えるときに重要になってくるのは、そもそも仮想通貨交換所とはどういうものか。になります。

仮想通貨交換所(取引所)はものすごく簡単にいってしまうと仮想通貨の取引をするところです。ビットコイン、イーサリアムとかを買ったり、売ったり。

仮想通貨交換所を利用する際、手数料など諸経費がかかります。利用する人が増える、取引高が増えるとなれば、その交換所を運営する会社は手数料などで儲かるというわけです。

仮想通貨について

仮想通貨交換所である以上、商品である仮想通貨の取引が頻繁にされないとBITPOINT含め、交換所は儲かりません。

現在の仮想通貨市場は完全に下落相場でかなり冷えています。どこまで落ちるのか、見当もつきません。

仮想通貨はようやく業者の登録義務化が進んでいる段階で、まだまだこれからの業界です。今は仮想通貨を買うべきではないですが、今後、大手企業含め多くの会社が仮想通貨を実用化、または交換所に参入します。

FXもはじめは法の整備があまく、怪しい、ギャンブル。などといわれていました。しかし、業者の登録義務化、レバレッジ規制、税制改正をへて、しだいに市場規模を拡大していきました。

仮想通貨も同様に市場規模が拡大するのは間違いないです。

株を買う時の基本

しかしながら、「市場規模が拡大する=リミックスポイントを買う。」とは単純にはいきません。

株を含め、投資とは「将来の成長を考えて行うもので、現在の評価に将来の成長分が含まれていた場合、将来成長しても伸び悩む」のである。

つまり、「将来の成長性」+「現在の割安感」が重要になってきます。

チャートをみると、割安にみえます。さまざまな指標で割安度を測るのもよいですが、リミックスポイントの株価はイナゴタワーを形成しており、割安判断がしにくく、今は手を出さないべきと判断します。

まとめ

仮想通貨は1年前と比べると完全に冷えています。ただし、今後、実際に仮想通貨を実用化する企業、交換所に参入する企業が増えるのは間違いなく、その将来性は大きいです。

当然、仮想通貨交換所の伸びしろは大きいです。BITPOINTの顧客数も増えていくでしょう

昨年は株主優待として少額ですがビットコインを配布したり、面白い試みも行っています。今は株価が急騰、急落しているためリスクが高く、買うべきではないと判断しますが、落ち着き次第、購入を再度検討します。

なお、投資の判断基準は人それぞれ異なります。SNSに限らず買いあおり、売りあおりを見かける機会が多いです。アナリスト達の投資判断も同じようなものです。

そういった情報に惑わされないためにも自分の投資判断基準、シナリオを持つことが投資の上でもっとも重要となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする