【来週日本株の投資作戦】2019年2月4日~2月8日

来週(2月4日~2月8日)の日本株(日経平均)について、今週の動向振り返り、来週のイベントなどから作戦を考えます。




今週の日経平均株価の動向(1月28日~2月1日)

まずは今週を簡単に振り返ります。

28日(月):前週末比124円安。

29日(火):前週末比15円高。

30日(水):前週末比108円安。

31日(木):前週末比216円高。

1日(金):前週末比14円高。

週間では先週末比14円80銭高。4週間連続の上昇ですが、週末に2万1千円を超えそうな気配が出ていましたが、上値が重く微上昇でした。また、東証マザーズがサンバイオの影響で大きく下落しています。

来週の日経平均株価の上昇要因

FOMCでの追加利上げ様子見発言により、為替が円高に振れたため日経は伸び悩み、NYダウは上昇しました。

しかし週末の雇用統計の結果で再び円安方向に向かったため、来週の日経にはプラス材料となっています。

今週は多くの優良株がおおむね業績良好だったため、決算後に株価を伸ばしたものがたくさんあります

来週もトヨタをはじめ多くの決算発表が予定されています。そこで各企業の決算内容がよければ本格的に「戻り相場」となる可能性があります。

少しずつですが、警戒感が薄れてきている気がします。

来週の日経平均株価の下落要因

サンバイオの暴落をきっかけに東証マザーズは大きく下落しました。

今のところは日経に大きく影響する銘柄では大きな下方修正はないですが、来週以降に大きく影響する決算が出てもおかしくはありません。

気になる点としては、日本株が出遅れている点です。NYダウに比べると戻りが遅く、良い方向にとらえると伸びしろがまだまだあるということですが、それよりも多くの外国人投資家が日本株に警戒しているともとれます。

最後に

米中の貿易問題の進展も気になりますが、来週も続々と決算発表があります。

決算前に慌てて株を買うと大きく上昇することもありますが、大きく下落することもあります。

私がチェックしている銘柄ではデサントがTOBで爆上げ小林製薬が決算・配当が良くストップ高味の素が下方修正で急落しました。

今のところ、保有銘柄では大きく動いたものはないですが、来週、再来週に決算が残っている銘柄がいくつかあるので注意しています。保有銘柄で期待しているのは東京精密(7729)。不安なのはトリドールHD(3397)ですかね。。。

とはいえ、両銘柄とも何年も持っているので仮に結果が良くても悪くても現状では手ばなすことはあまり考えていないですが・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする