黄金比とフィボナッチ数は株価チャートの「テクニカル分析に利用」。簡単な解説と利用法について

今回は株式相場でも利用されることの多い「黄金比」と「フィボナッチ数」とは何か。その基本と具体的な利用方法について簡単に確認していきます。

黄金比率・フィボナッチ数と株価の関係POINT
  • 黄金比とチャートに合理的な関係はない
  • 意識している人が多いため、影響するとの見方が出来る
  • テクニカルはあくまでも参考指標
スポンサーリンク

黄金比とフィボナッチ数とは何か

はじめに「黄金比」と「フィボナッチ数」の基本について見ていきます。

黄金比(黄金分割比率)とは

黄金比とは1:(1+√5) /2の比率である。近似値は1:1.618、約5:8もしくは8:13

黄金比 – Wikipediaより抜粋

元々、黄金比は建造物や絵画などで視覚的に美しいとされる割合のことで、自然界に多く存在しています。黄金比を意識する芸術家も多く、美容外科・工学の分野でも意識されることが多いです。投資の世界でも相場の値動きに当てはめて目標価格を計算するのに使われることがあります。

参考:黄金分割比率|証券用語解説集|野村證券

フィボナッチ数(フィボナッチ数列)とは

フィボナッチ数列とは0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, …と続く。最初の二項は 0, 1 であり、以後どの項もその直前の2つの項の和となっている。

フィボナッチ数 – Wikipediaより抜粋

フィボナッチ数を求める式の中には黄金比である (1+√5) /2が含まれており、フィボナッチ数列の連続する3つの数字の比率は0.618:1:1.618となり、黄金比率と密接な関係があります。

黄金比と株価の関係について

黄金比やフィボナッチ数で出現する「0.618」という数値は美しく違和感がないものとされています。株価や為替相場はあらゆる出来事が反映したものです。そのため、自然とこの比率で表されることができるのではないかと考えられています。

黄金比と株価の関係は合理的な理由に欠けますが、「意識している人がいる」という事実が株価に影響を与えている可能性はあると考えられます。

株価チャートやFXチャートでの具体的な利用例

「黄金比」、「フィボナッチ数」を投資(株価チャート・FXチャート)で利用する場合の具体的な例を見ていきます。

日経平均株価チャートで確認

下記は日経平均株価の週足株価チャートにフィボナッチ・リトレイスメントを引いたものです。

期間内の安値と高値を線で引き値幅を1としています。この時に、下落した場合、上昇した場合のメドとなるのがそれぞれの横ラインです。実際に、下落が0.786ライン近くで何度か止まっています。

段階的な目安

下落がライン近くで止まっていますが、当然、いつかはラインを抜けてさらに下落する可能性があります。その際の次の下落目安となるのが0.618ラインです。

株価チャートだけでなく、FXチャートでも上値メドや下値メドとして意識されることが多いです。

スポンサーリンク

注意点やデメリットについて

最後に黄金比やフィボナッチ数の注意点・デメリットを考えてみます。当たり前ですが、どんなテクニカルも必ず当てはまるものはありません。

当てはまりにくいものとは

「黄金比」ですが、当然ですが当てはまらない場合もあります。日経平均株価を例にしましたが、特に出来高の小さい銘柄では当てはまらないことが多いです。また、出来高が急増・急減するような特別な業態が起きた時も同様です。

黄金比を逆手にとり、ヘッジファンド(AI)に狙われるケースも想定されます。

テクニカルはあくまでもテクニカル

有名な投資テクニカルで、利用している人も多い「エリオット波動」も黄金比やフィボナッチ数と関係が深いです。

過去のチャートを分析して「ここで法則が当てはまった」と言うのはとても簡単です。しかし、事前にポイントを発見し実践するのはとても困難です。数多くのテクニカルがありますが、完璧なものが無いため多くのテクニカルがあるとも言えます。また、この先も完璧なものが出てくる可能性は低いです。

知ること・研究することが重要

完璧なものが無いのでテクニカルは無意味と言うわけではないです、あくまでも完璧なものが出る可能性が低いというだけでさまざまな視点で学び、多くの事を知るのはとても重要です。

タイトルとURLをコピーしました