NSユナイテッド海運【9110】株価分析!大きく増配で高い配当利回り

純大手海運企業のNSユナイテッド海運(9110)。今後の株価と配当がどうなるのか。業績推移・株価チャート・配当推移を分析してみました。

NSユナイテッド海運の株価POINT
  • 需要増で業績好調
  • 大きく増配当で高い利回り
スポンサーリンク

ユナイテド海運の株価情報と事業内容

NSユナイテッド海運の株価情報と事業内容を見ていきます。

株価指標

株価:3,775円
予想PER:3.42倍
PBR:0.72倍
予想EPS:1,103.27円
時価総額:905億円

2022年9月30日終値時点のデータ。
最新の株価参考:NSユナイテッド海運(株)【9110】:Yahoo!ファイナンス

割安ですが、海運業は全体的に割安です。

NSユナイテッド海運(9110)とは

NSユナイテッド海運株式会社(エヌエスユナイテッドかいうん、英語: NS UNITED KAIUN KAISHA, LTD.)は、日本の準大手海運会社。

外航海運事業者で、鉄鉱石・石炭などの鉄鋼原料や鉄鋼製品、液化石油ガス (LPG) などの海上輸送を行う。

主要株主は、鉄鋼メーカーの日本製鉄と、同じ海運会社の日本郵船の2社。出資比率は日本製鉄が約33%、日本郵船が約18%。

NSユナイテッド海運 – Wikipediaより一部抜粋

純大手海運企業で、鉄鉱石を運ぶ「大型ばら積み船」や、「中小型ばら積み船」を中心とする外航船が主力です。

筆頭株主は日本製鉄(5401)、第2位が海運企業の日本郵船(9101)です。

ユナイテド海運の業績推移と株価推移

NSユナイテッド海運の業績推移と株価推移を見ていきます。

売上高と利益の推移

下記はNSユナイテッド海運の売上高・営業利益・経常利益・最終利益の推移です。

2022年3月期は需要が大きく増えたことで、大きく増収・増益に。

2023年3月期は期初で減収・減益見通しでしたが、上方修正を行い増収・増益見通しとしています。

参考:財務ハイライト|NSユナイテッド海運

株価の推移

下記はNSユナイテッド海運5年分の週足株価チャートです。

株価は2021年以降、大きく変動しています。

急上昇した後は急落するという動きを繰り返していますが、業績が好調なこともあり以前の株価と比較すると高い位置で推移しています。

スポンサーリンク

ユナイテド海運の配当情報と決算内容

NSユナイテッド海運の配当情報と株主優待制度を見ていきます。

配当情報

2023年3月期の予定年間配当:340円
予想年間配当利回り:9.01%

かなり高い配当利回りです。

配当金の推移

下記はNSユナイテッド海運の配当金推移です。
配当権利日は、9月(中間配当)と3月(期末配当)です。

NSユナイテッド海運の年間配当金推移

2018年3月期:85円
2019年3月期:115円
2020年3月期:80円
2021年3月期:80円
2022年3月期:285円
2023年3月期:340円(予)

業績好調で2022年3月期は大きく増配、2023年3月期も増配予定としています。

配当性向は2022年3月期が28.5%、2023年3月期の予定が約31%です。

株主還元方針

配当方針は「配当性向を概ね30%」としています。

参考:配当方針・実績|NSユナイテッド海運

決算内容を時系列に確認

2022年4月28日に決算発表。
2022年3月期の連結経常利益は266億円と発表。

2023年3月期の同利益は200億円見通し、中間配当は125円予定、期末配当は未定としています。

2023年3月期1Q決算

2022年7月29日に決算発表。
2023年3月期1Q(4-6月)の連結経常利益は131億円と発表。

また、通期の同利益を200億円予想から300億円予想に上方修正、中間配当を125円予定から170円予定に増額修正、期末配当は170円予定とし、年間配当は340円予定としています。

ユナイテド海運の今後について

NSユナイテッド海運の今後について考えてみます。

今後について

事業の中心は「ばら積み船」です。

2022年3月期は需要が大きく増えたことで好調に、2023年3月期も好調見通しとしています。

荷動きに業績が影響

事業構造上、石炭や穀物などの荷動きが低迷したり、用船レート・為替の変動が業績に影響します。まだまだ、貨物輸送需要は高いですが、燃料費上昇などの気になる点もあります。

また、高配当利回りですが、業績次第で大きく配当が変動する可能性もあります。

タイトルとURLをコピーしました