【来週日本株の投資作戦】2019年7月22日~7月26日

来週(7月22日~7月26日)の日本株(日経平均)について、今週の動向振り返り、来週のイベントなどから作戦を考えます。

今週の日経平均株価の動向(7月16日~7月19日)

まずは今週を簡単に振り返ります。

16日(火):先週末比150円安。

17日(水):前日比66円安。

18日(木):前日比422円安。

19日(金):前日比420円高。

週間では218円91銭安。週末の金曜日に前日の下落分全て戻す不思議な動きをしました。

来週の日経平均株価の上昇要因

上昇する可能性の一つは今月末のFOMCに向けての動向です。

現在、0.50%利下げの可能性が高いとみられ円高に進んでいますが、何らかの要因で0.25%の見方が強まれば一旦、円高にストップがかかる可能性があります。

また、あまり影響はなさそうですが、21日には参議院選挙があります。たぶん、予想通り与党が過半数の議席を上回ることで落ち着きそうです。この結果多少のプラス材料になる可能性はあります。

来週の日経平均株価の下落要因

いまだに米中貿易摩擦の影響を受ける株に対する懸念は強いです。これから米中貿易問題の話し合い再開が想定されますが、関税がどうなるか不透明感が強いです。

また、相変わらず円高が進行しており、ある程度の円高ストップになりそうな要因はありますが、大きく円安に動くのは想定しにくく、為替の影響で大きく日本株が上昇するのは期待できないです。

来週は24日から各日本企業の決算発表がありますが、厳しい決算が想定されています。決算内容によっては不安が広がり、日経が大きく下落する可能性もあります。

上値は21,700円のラインが強く、そこで何度も跳ね返されていて、そこをこえる上昇要因は今のところ見当たらないです

最後に

今週、木曜日に大きく下げましたが、金曜日に全部戻ってきました。金曜日は多少のリバウンドはあると思ってはいましたが、まさか全戻しするとは思いませんでした。

そのため、保有していたダブルインバースを半分利確するだけしか動けませんでした。木曜日に「明日少し買っても良いかも」と思っていましたが、気づいたときにはすでに大きく上昇していて、買い場を逃しました。

このまま来週上がる可能性は低いと見てはいます。仮に上昇しても21700辺りまでなのかと。そして、下落した場合ですが、再び21,000辺りで止まるようでしたらいくつか購入したいと考えています。

タイトルとURLをコピーしました