【来週日本株の投資作戦】2019年6月3日~6月7日

来週(6月3日~6月7日)の日本株(日経平均)について、今週の動向振り返り、来週のイベントなどから作戦を考えます。




今週の日経平均株価の動向(5月27日~5月31日)

まずは今週を簡単に振り返ります。

27日(月):先週末比65円高。

28日(火):前日比77円高。

29日(水):前日比256円安。

30日(木):前日比60円安。

31日(金):前日比341円安。

週間では516円03銭安。4週連続の下落。週頭は様子見モードが強かったですが、一転、米中貿易問題の激化に加えメキシコへの追加関税で大きく下落しました。

来週の日経平均株価の上昇要因

騰落レシオ、RSIなどの指標は底値付近ではありますが、正直大きく上がる材料を見つけるのが大変です。

可能性としてはかなり低いですが、「米中貿易問題が進展」、「消費税増税延期」などのビックニュースがない限り来週もかなり厳しいでしょう。

とはいえ、周りが「暴落だ!」と悲観的になると底になることが多いです。

来週の日経平均株価の下落要因

中国が対アメリカの関税を引き上げ、米中貿易摩擦が激化しているに加えて、為替が円高に進んでいることもマイナス要因です。週末のダウが大きく下落したことから、来週も下落スタートの可能性が高いです。

来週はアメリカで重要な経済指標の発表もあり、その結果が悪ければさらに為替が円高に進み、日経平均2万円割れも考えられます。

反対に結果が良く円安になれば持ち直す可能性もありますが、ここ最近の指標を見ていると「かなり悪い」から「少し良い」ものが多く、「ものすごく良い」というのをほとんど見かけないため、あまり期待はできないです。

最後に

私は先週、持ち越した株がすべて下落してマイナスになり完全に失敗しました。まだ大きなマイナスにはなっていないので、来週の下落幅次第ではいったん損切りする予定です。

まだまだ下がる可能性が高いとはいえ、ここからダブルインバースを買うのは少し遅い気がするので、短期保有銘柄を売却してしばらく様子見が吉と考えています。

次に買うタイミングとしては日経平均が1万8千円付近になった時か、落ち着きを取り戻した時と考えています。どちらもすぐにはこなさそうですが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする