【来週日本株の投資作戦】2019年5月27日~5月31日

来週(5月27日~5月31日)の日本株(日経平均)について、今週の動向振り返り、来週のイベントなどから作戦を考えます。




今週の日経平均株価の動向(5月20日~5月24日)

まずは今週を簡単に振り返ります。

20日(月):先週末比51円高。

21日(火):前日比29円安。

22日(水):前日比10円高。

23日(木):前日比132円安。

24日(金):前日比33円安。

週間では132円87銭安。3週連続の下落となりましたが、先週に引き続き下落はわりと限定的という印象です。

来週の日経平均株価の上昇要因

先週も、今週もですが「売られすぎ感」が強く、問題なければ上がる可能性は高いです。今週末、大きく下げそうな気配が出ていましたが、終わってみると大きくは下げなかったことからも下値は限定的と考えられます。

現在、トランプ大統領が来日し27日に首脳会談の予定です。これまでの流れをみるとトランプ大統領は日本に対しても強い姿勢で来る可能性が高いので自動車関税などに対して厳しい発言が想定されますが、今までのやり取りを見てるとうまくかわしているので、今回もうまくかわすかもしれません。

来週の日経平均株価の下落要因

今週も下落した一番の要因は相変わらずの米中の貿易摩擦です。

来週、ひとまずは落ち着きそうですが、油断はできない状態が続いており、一つの発言や報道で再び大きく下落する可能性があります。

また、今週末のアメリカ指標の悪さから円高が進んでいることもあり、ここからさらに円高に進むと下落幅を広げる可能性が高いです。

最後に

今週、大きな動きはなくて材料にもかけるので保有株をそのままとしました。来週も上にも下にも大きく動くのは現状、想像しにくいです。

ひとまずは日米首脳会談が無事終わることを期待しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする