【来週日本株の投資作戦】2019年5月20日~5月24日

来週(5月20日~5月24日)の日本株(日経平均)について、今週の動向振り返り、来週のイベントなどから作戦を考えます。

今週の日経平均株価の動向(5月13日~5月17日)

まずは今週を簡単に振り返ります。

13日(月):先週末比153円安。

14日(火):前日比124円安。

15日(水):前日比121円高。

16日(木):前日比125円安。

17日(金):前日比187円高。

週間では94円83銭安。一定の下げ止まり感はありますが、先週の大幅下落からの戻りが弱く、今週も下落しました。

来週の日経平均株価の上昇要因

今週も週間では下落しましたが、下げ止まり感が出ており、これから新たに大きな下落要因が出なければ反発する可能性が高いです。

各企業の決算がそろってきたこと、米中貿易摩擦の警戒感が和らぎ、為替が若干の円安方向に動いていることからもこのままの流れでいけば来週は上がる可能性が高いです。

来週の日経平均株価の下落要因

ここから更に下落しそうな一番の出来事としてはやはり米中の貿易摩擦です。しばらく話し合いが続くということで完全決裂となってはいないですが、現状ではあまり進展が望めないというのも事実です。

来週、いきなり完全決裂となる可能性は低いですが、お互いにけん制する展開も考えられるため、その際にはさらなる下落も考えられます。

また、北朝鮮のミサイル発射実験、イランの問題などの地政学リスクから円買いになるとさらなる下落となる可能性があります。

最後に

私は先週と今週に株を購入しました。今週末の前場では多少の利益が出ていたので「いったん手じまいするのが賢い選択肢ではないか」と考えましたが、持ち越しました。

利確目標ラインとしては日経が21700円付近。反対に20500円辺りまで下落するようだと損切りを考えています。

来週もトランプ大統領の一言で大きく相場が動きそうなので、注目しているのと同時に可能性は限りなく低いですが、仮に「消費税増税延期を検討」観測が出れば上昇するのであわよくば、を考えています。

タイトルとURLをコピーしました