【来週日本株の投資作戦】2019年1月28日~2月1日

来週(1月28日~2月1日)の日本株(日経平均)について、今週の動向振り返り、来週のイベントなどから作戦を考えます。




今週の日経平均株価の動向(1月21日~1月25日)

まずは今週を簡単に振り返ります。

21日(月):前週末比53円高。上昇から始まるが上値を削る展開

22日(火):前週末比96円安。

23日(水):前週末比29円安。

24日(木):前週末比19円安。NY株は上昇しましたが上がらず。

25日(金):前週末比198円高。

週間では先週末比198円高。3週間連続の上昇となりました。ここ最近の日経はNYダウに比べて少し上値が重い展開です。ダウの伸びをみると、もう少し伸びてもいいのではないかと。。

来週の日経平均株価の上昇要因

月末に米中の貿易協議が行われ、その場で貿易摩擦緩和への進展があるのではないかと期待されています。

また、今週何度かドル円110円をトライしましたが明確に抜けることができませんでした。今週はFOMCなどがあり大きく動く可能性があるため、ドル買いになればさらに株高になる可能性があります

来週の日経平均株価の下落要因

アメリカ、日本ともに影響力のある会社複数が企業決算を控えています。決算内容の結果が良ければ日経の大きな上昇もありますが、場合によっては「〇〇ショック」というような出来事が起きる可能性もあります。

今週含め3週連続で上昇したとはいえ上値が重い展開が続いています。今後の経済指標やイベントの結果によっては大きく乱高下することが考えられます

最後に

来週は株、為替ともに大きく動く可能性があり、日経平均が21000円を超えるようだと強い上昇トレンドを描いてどんどん上がる可能性がある反面、ここを超えられないで下がるようだと下落トレンドを描いていきます。

「来週も堅調となるのでは」という見方が多い中、だからこそ下がる可能性があるとも考えられます。

余談ですが、昨年12月19日に新規上場したソフトバンクが今月末にTOPIXに組み入れられます。「インデックスファンドのTOPIX買いの量」対「TOPIX買いを狙って先に仕込んだ人の売りの量」の構図がどうなるか少し注目しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする