【来週日本株の投資作戦】2019年1月15日~1月18日

来週(1月15日~1月18日)の日本株(日経平均)について、今週の動向振り返り、来週のイベントなどから作戦を考えます。




今週の日経平均株価の動向(1月7日~1月11日)

まずは今週を簡単に振り返ります。

7日(月):前週末比477円高。先週末のNY株の大幅上昇、円相場の影響により上昇

8日(火):前週末比165円高。

9日(水):前週末比223円高。

10日(木):前週末比263円安。

11日(金):前週末比195円高。

週間では先週末比797円74銭高。専門家の見立てでは当面は1万9千円前後でもみ合うとのことでしたが、2万円台で推移しました。下落したところを拾う予定でしたが全く拾えず、昨年末の下落時に少し購入したものを利益確定して終わりました。

来週の日経平均株価の上昇要因

今週上昇しましたが、景気減速懸念からか、まだ売られすぎの水準です。

米アップルの動向、トランプ大統領の発言などで左右されますが、来週は動き次第では2万1000円台への回復もありえると考えています。

来週の日経平均株価の下落要因

本格的に企業の決算が発表されます。業績下方修正などの内容次第ではさらに景気減速懸念が広がり、株価が下落する可能性があります。

今週の株価の推移を見ると、大きな上昇をしても上値が重く利益確定、手控えで失速することが多く、年末の暴落不安が残っていると感じます。

専門家の予想では「上値は重く2万1000円を超えてくるのはまだ先」との見方が強いです・・・

最後に

先週に引き続き、安値圏で拾いたいと考えていますが、来週も現状では「見」に回りそうな気がします。

現在の株価は決して高くないですが、安いともいえないため、無理して買う場所ではないと考えています。まずは3連休明けの15日の動向をしっかり確認したいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする