投資戦略でのマクシミン原理とマクシマックス原理とはなにか

投資を行う上で「考え方」や「戦略」は人それぞれ異なります。短期で大きな利益をあげたい長期でコツコツ利益をあげたい。チャンスと思えば大きく勝負をする。などなど・・・

今回は投資において意思決定行動の「マクシミン原理」と「マクシマックス原理」を簡単に解説し、どのように使えるのかを考えます。あくまでもこのような考え方がありますよと言うことで知っておくと良いかと思います。

2つの意思決定行動

今回扱う意思決定行動は「最低限確保できる利益が最大になる」守りの投資と「利益が最大化する可能性がある」攻めの投資です。

マクシミン原理(maximin-priciple)

マクシミン原理とは、利益は少ないけど「最低限獲得できる利益が一番大きくなるであろう戦略」を選択する手堅いコツコツ戦略です。

例えば、現在10万円で購入できる株の銘柄が3種類あり、為替の影響で下記のように株価が変動するのが想定される場合

株式円高円安
A銘柄15万円(+5万円)8万円(-2万円)
B銘柄13万円(+3万円)12万円(+2万円)
C銘柄5万円(-5万円)20万円(+10万円)

「円高」、「円安」のどちらに動いても最低でも+2万円を確保できるB銘柄を購入するのが「マクシミン原理」です。

最低限確保できる利益が一番大きくなる守りの投資戦略とも言えます。

マクシマックス原理(maximax-priciple)

マクシマックス原理とは、「利益が最大化する可能性がある戦略」を選択する積極的な戦略です。

上記と同じ条件の場合・・・

株式円高円安
A銘柄15万円(+5万円)8万円(-2万円)
B銘柄13万円(+3万円)12万円(+2万円)
C銘柄5万円(-5万円)20万円(+10万円)

円安になった場合+10万円を狙えるC銘柄を購入するのが「マクシマックス原理」です。攻めの投資とも言えます。

実際はもっと複雑

今回は為替の影響だけに絞って例を出しました。実際には「円高に進む」と考える人はA銘柄を選ぶと思いますし、株価は為替の影響だけでは決まりません。

あくまでもこの原理では、「将来起こる出来事はある程度予測できるが、その発生確率が不明」な時に使える戦略の一つです。

原理を応用して利用する例

直近だと、例えば「米中の貿易問題がうまくいくか、いかないか、はたまた延長となるか」この3点のどれかが必ず起こります。しかし、どのような結果になるかは不明です。

うまくいくとみている人は「買い」、うまくいかないとみている人は「売り」で入ることで予想が当たった場合、大きな利益を上げることができます。これは最大限の利益を目指すマクシマックス原理に近い考えです。これは予想が外れてしまった場合、大きな損をする可能性があります。

どちらに転ぶか分からない、どちらに転んでも利益を確保したいという場合は株ではなく定期預金などの元本保証の商品を選ぶという選択肢もありますが、内需系の銘柄を分散して保有し、大きく下落した場合はナンピンして中長期保有するという手がマクシミン原理に近い考えです。

それぞれのメリットとデメリットを考え、自分にはどのような投資法があっているのか、どのような考え方、選択があるのかを考える事が重要です。

さいごに

投資は常に選択の連続です。選択を間違えたと思うことも多々出てきます。同じ失敗を繰り返さないためにもなぜ選択を間違えたのか、その時どのような狙いでどのような考えだったのかを振り返ることも立派な投資活動の一つです。

多くの戦略や考えを知ることは選択肢を増やすことになります。選択肢が増えたからと言って簡単に利益につながるものではないですが、多くの選択肢は利益を手にする可能性を増やします。

タイトルとURLをコピーしました