投資戦略でのマクシミン原理とマクシマックス原理

投資を行う上で「考え方」や「戦略」は人それぞれ異なります。短期で大きな利益をあげたい、長期でコツコツ利益をあげたい。チャンスと思えば大きく勝負をする。などなど・・・

今回は投資行動において「マクシミン原理」と「マクシマックス原理」の戦略を考えてみました。




マクシミン原理(maximin-priciple)

マクシミン原理とは、利益は少ないけど「最低限獲得できる利益が一番大きくなるであろう戦略」を選択する手堅いコツコツ戦略です。

例えば、現在10万円で購入できる株の銘柄が3種類あり、為替の影響で下記のように株価が変動すると仮定した場合・・・

株式円高円安
A銘柄15万円8万円
B銘柄13万円12万円
C銘柄5万円20万円

「円高」、「円安」のどちらに動いても最低でも+2万円を確保できるB銘柄を購入するのが「マクシミン原理」です。

マクシマックス原理(maximax-priciple)

マクシマックス原理とは、「利益が最大化する可能性がある戦略」を選択する積極的な戦略です。

同じ条件の場合・・・

株式円高円安
A銘柄15万円8万円
B銘柄13万円12万円
C銘柄5万円20万円

円安になった場合+10万円を狙えるC銘柄を購入するのが「マクシマックス原理」です。

実際はもっと複雑

今回は為替の影響だけに絞って例を出しました。実際には「円高に進む」と考える人はA銘柄を選ぶと思いますし、株価は為替の影響だけでは決まりません。

あくまでもこの原理では、「将来起こる出来事がある程度予測できるが、その発生確率が不明」である場合に考える戦略の一つです。

直近だと、例えば「米中の貿易問題がうまくいくか、いかないか、はたまた延長となるか。」遅くても今月中にはある程度結論が出ます。しかし、どのような結果になるかは不明です。

うまくいくとみている人は「買い」、うまくいかないとみている人は「売り」で入ることで予想が当たった場合、大きな利益を上げることができますが、大きく勝負をして外してしまった場合、大きな損をする可能性もあります。

私はマクシミン原理に近い考えなので現在、「長期保有銘柄以外全て手放しました」。しばらくは「見」になります・・・。証券口座のお金の7割が現金になっています。

今回に限らず、私は「見」に回ることが多いので、大きい利益を上げることができなかったり、チャンスを逃すことも多いです。

とはいえ、「売らなければよかった!」の場合と「売っておいてよかった!」の比率が半々くらいなので、考えを変えるというのもなかなか難しいです。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする