松井証券(8628)の株価はどうなる?高配当だが買って良いのか

松井証券は2019年3月期に創業100周年の記念配当を実施すると発表後、配当利回りが7%近くなり、大きくにぎわいました。

その後、配当権利日以降に大きく株価が下落し、現在も株価が低迷しています。記念配当は落ちましたが株価下落に伴い、現在も年間配当利回りが5%を超え高い利回りとなっていますが、果たして買っても良いのか考えてみます。

  • 松井証券の配当推移から今後の配当見通しの確認
  • 最近の業績と将来の見通しについて

松井証券株の検討材料確認

これから株価と配当がどうなるのか各指標等を確認していきます。

配当推移

まず初めに松井証券の配当推移を見てみます。

2014年2015年2016年2017年2018年2019年2020年(予)
50.0円40.0円45.0円33.0円44.0円84.0円45.0円

2019年の配当84円は100周年記念の特別配当が39円の為、実質45円。2020年の予定は実際には据え置きです。下記は配当性向の推移です。2020年はあくまでも予定です

2014年2015年2016年2017年2018年2019年2020年(予)
79%66%78%79%88%225%110%

松井証券の配当基本方針は配当性向60%以上且つ純資産配当率(DOE)8%以上を基準にしています。

2020年予定の配当は配当性向100%を超えており、過去の配当と配当性向の関係を見ると今後の業績時代では減配当の可能性があると考えています。

株価、各指標と配当利回り

松井証券の現在の株価は870円。 年間配当は45円の予定なので年間配当利回りは約5.2%と高配当です。業績見通しは非開示、PBRは2.77倍。ネット証券の2大巨頭SBI証券、楽天証券と比較すると割高です。

※株価は2019年8月19日終値

株価チャートの確認

松井証券ここ3年くらいの週足チャートです

2019年3月期の特別配当権利落ち日に大きく株価が下落し、その後も株価が軟調です。

業績とこれからどうなるかを確認

松井証券の最近の業績とこの先の展開をみていきます。

松井証券(8628)とは

長らく一般的な中堅の証券会社であったが、インターネット証券に参入し大きく成長。2001年8月には、インターネット取引専業の証券会社として、日本で初めて東証第1部に上場した。オンライン証券取引を専門に扱う業者としては、日本において最大手だった時代もあった。

wikipediaより

松井証券に関して特に悪い話は聞かないですが、現在の口座開設数はSBI証券、楽天証券のネット証券2大巨頭と比較するとだいぶ離されているというのが現実です。

売上・利益の推移

松井証券の売上と利益の推移です。ここ数年は売上・利益ともに苦戦しているという印象です。

最近の業績について

2019年7月29日の決算発表では、2020年3月期第1四半期(4-6月)の経常利益(非連結)は19.9億円に大きく落ち込み、売上営業利益率も前年同期比で低下しました。

証券会社の今後の見通し

松井証券に限らず、証券会社では相場が低迷すれば動く投資家が減り、手数料収入が減ります。反対に、相場が活発になると売買も増え、手数料収入が増えます。

現在の松井証券の株価は下落トレンドで指標も割高ですが、証券会社として創業100周年の大企業であるのは強みです。最近では老後資金2,000万円不足の件もあり、多くの人が証券会社に口座開設をしているという話も聞きます。

はやりのロボアドに力を入れ、リミックスポイントやDeCurretの株を保有していることから仮想通貨に対しても前向きに考えていそうです。大きなニュースが出ると株価が上がる可能性がありますが、この後の業績次第では今期減配の可能性もあると個人的には見ています。

買うかどうかの判断は次回上半期決算まで待った方が良いと考えています。

タイトルとURLをコピーしました