くら寿司(2695)の株価を分析!株主優待はお得?配当はどうなるか考えてみた

回転すしチェーンを展開するくら寿司(2695)の株価が今後どうなるかを業績推移、株価チャート、各指標、配当から考えてみました。くら寿司は株主優待も実施しているので、その利回りも見てみます。

  • くら寿司の株価指標と配当、株主優待を確認
  • 過去の業績推移と株価チャートを確認
  • 最新の業績と今後の見通しについて

各指標と配当、株主優待を確認

はじめにくら寿司の各指標と配当利回りについてです。

株価指標と配当利回り

現在の株価:4,490円

予想年間配当:40円

年間配当利回り:約0.89%

PER:17.1倍、PBR:2.14倍

外食銘柄には割とある水準なので明らかに割高というわけではないです。以前に比べると割高感が若干和らいでいる印象です。配当利回りは良くはないです。

※株価は2019年10月21日終値

過去の配当推移を確認

くら寿司の配当推移です。

2014年10月2015年10月2016年10月2017年10月2018年10月2019年10月(予)
12円20円20円30円30円40円

2019年10月期の配当ですが、Kura Sushi USAがNASDAQに上場した記念として特別配当10円を実施、普通配当は30円です。

業績や配当性向を考えると減配する可能性は低いです。今回、記念配当で増額したので2020年10月期の配当ターゲットは30円-40円となりそうです。

参考:記念配当に関するお知らせ|くら寿司公式サイト

株主優待制度について

くら寿司の株主優待ですが、毎年4月末に店舗で使える優待券がいただけます。

保有株式数優待内容
100株以上食事券 2,500円分(500円券×5枚)
200株以上優待券 5,000円分(500円券×10枚)
500株以上優待券 10,000円分(500円券×20枚)

200株以上の場合、優待券に代えて優待品(海産物等)を選択することもできます。優待利回りですが、100株保有(449,000円)で年間2,500円分なので約0.5%です。

参考:株主優待|くら寿司公式サイト

業績の推移と株価チャートの確認

次にくら寿司の業績推移と株価チャートを確認します。

売上高と経常利益の推移

くら寿司の過去5期分+今期の予想売上高・経常利益の推移です。

売上、利益ともに右肩上がりで業績は順調です。ただし、2019年10月期の利益ですが今のところ苦戦しており、予定通りとなる可能性は厳しいとみられています。

株価チャートを確認

くら寿司の約3年分の株価チャートの週足です。

株価も業績と同じように2018年中旬までは右肩上がりでしたが、材料出尽くしや割高感から株価がやや下落しはじめ、落ち着いたところに予想外の大幅減益決算により株価が下落しました。

現在は決算が持ち直したことで株価にも落ち着きが出ていますが、油断はできない状況です。

最近の業績と今後について

最後に直近の業績と今後について考えてみます。

最近の業績を確認

2019年9月6日の決算にて2019年10月期第3四半期累計(2018年11月-2019年7月)の連結経常利益は43.6億円と発表しました。通期計画の77.7億円に対する進捗率は56.2%となり、計画達成にはかなり厳しい状況です。

しかし、3Q(2019年5月-2019年7月)の決算だけでみると前年同期比でプラスとなり回復してきている印象です。

今後について

国内では競合も多く、既存店売り上げは前年割れが続いています。ROEもやや減少しているのは気になる点です。

しかし、NASDAQへ上場するなど海外に積極的に展開し好調。ROEも下がったとはいえ10%以上です。2019年期は厳しくなりそうですが、株価には割高感が少し薄れているのもあり、2020年以降の見込みなどが出てきて、しっかり確認してから保有するのが良いかもと考えています。

タイトルとURLをコピーしました