相場下落時は高配当利回りの銘柄を買うのが有効?リスクが低い銘柄は何か

相場全体が大きく下落した時、基本的には無理をして株を購入するのではなく「様子見」をするのが一番安全です。しかし、「まだまだ下げそうだけど、安いから少し買いたい」という気持ちも出ます。そのような時、比較的リスクが低いのが高配当銘柄と紹介されることもあります。今回はそんな「高配当銘柄への投資は本当にリスクが低いのか」を考えてみました。

高配当銘柄のPOINT
  • 高配当はあくまでも下がりにくい(下がり幅が小さい)というだけで、下がることもある
  • 全ての高配当銘柄のリスクが低いわけでは無い
  • 普段から高配当ではなく、あくまでも一時きてな下落で高配当となった銘柄が狙い目
スポンサーリンク

高配当銘柄の株価が下がりにくい理由

はじめに、なぜ高配当銘柄の株価は下がりにくいと言われているのかを考えてみます。

長期投資家が目を付ける

高配当銘柄は「株価が下がれば下がるほど、配当利回りが上がる」ため配当狙い投資家に注目され、株価の下支えになるケースがあります。

参考:下支え|大和証券

利回りの例

株価1,000円で年間配当30円の場合、利回りは3%です。株価が600円まで下落したら利回りは5%になります。1,000円から株価が下落するのと、600円から下落するのでは下がり圧が異なり下落幅が限定的になるケースもあります。

参考:配当利回り|SMBC日興証券

株価が下がりにくい銘柄とは

相場全体の株価が大きく下落しているとき、高配当利回り銘柄がたくさん出ます。年間利回りで5%を超える銘柄もあります。

高配当にも様々なケースがある

高配当銘柄が全て購入してよい銘柄かというと、当たり前ですがそんなことはないです。高配当銘柄の中には無理をして配当を出している銘柄もあり、業績が悪化すると配当が出せなくなり減配当または無配当となるケースがあります。

減配、無配となれば「配当狙い」で保有する理由がなくなるため、大きく株価が下落するケースもあります。

具体的な高配当銘柄選びの基準

次に、高配当銘柄を選ぶ基準について考えてみます。

配当金の推移

配当が減ると株価が下落するケースが多く「高配当銘柄」ほどその傾向が強いです。過去に減配当・無配当とした場合、再び減配当や無配となる可能性があります。現状の配当利回りが高くても、減配すれば年間利回りは低くなります。そのため、直近で減配している銘柄は避けるべきです。

配当金の推移は企業の「配当に対する意識の表れ」です。業績が多少悪くても配当を維持する企業もあれば、減配する企業などさまざまです。

配当性向の推移

次に見るべき項目は配当性向の推移です。配当性向は簡単に言うと「利益をどれだけ配当に回したか」です。当然ですが、利益のほとんどを配当に回すと成長のために投資を行ったり、不測の事態に備えておけなくなります。

利益以上の配当を出しているケースも

中には配当性向が100%以上続いている銘柄があります。これは利益以上に配当を出し続けているのでリスクが高いです。過去、このような銘柄は大きく減配・無配となるケースが多いです。もちろん、中には大きく業績が回復して配当が減らないパターンもありますが、確率上、配当が減る可能性が高く、できれば避けるべき銘柄です。

参考:配当性向|SMBC日興証券

スポンサーリンク

より銘柄を絞り込む条件とは

次に、銘柄選びで重要な基本的なことを考えていきます。

銘柄選びで気を付ける点

投資に100%はありません。購入後に株価が下がることはよくあります。その時どうするかを事前に考えておく必要があります。配当狙いの長期保有ならば、慌てて売る必要はないです。しかし、「配当が良いから」という理由だけで保有してしまうと、見えるものも見えなくなります。

投資の基本

株式投資では配当も重要な一面ですが、一番は「その会社が何を行いどのように利益を上げているか、この先どのように利益を上げていくのか」を把握することだと考えています。仮に配当が低くてもしっかり利益を上げることが出来る企業ならば、一時的に株価が下落してもいずれ上昇する可能性が高いです。

最後に

最後に、なぜ「相場下落時は高配当銘柄」と言われているのかを考えてみます。

相場下落で高配当

高配当と一言で言っても、普段から高配当なのか、株価が大きく下落して高配当なのかで大きく異なります。相場全体が下落し悲壮感が漂っているとき、普段は高配当ではないが高配当になる銘柄が出ます。あくまでもそのような銘柄の中にチャンスがあると考えることが出来ます。

下支えと株価上昇

高配当は下支えになることがありますが、普段から高配当の銘柄は、私が知る限り株価が大きく上昇するケースは少ないです。なぜなら「何も問題がなく業績好調、この先の成長が望める」。そのような銘柄が高配当利回りのまま放置されているのはほとんどありません。

タイトルとURLをコピーしました