株価のチャートと価格帯別の出来高で上昇した時・下落した時の目安を計る方法

自分が保有している、保有しようとしている株価がどこまで上昇するか(上値メド)、どこまで下落するのか(下値メド)を予測するのは非常に難しいです。

世の中にはさまざまな方法でこの上値メド・下値メドを探る方法がありますが、今回は「株価チャート」」と「価格帯別の出来高」から探る方法について簡単に見ていきます。

価格帯別出来高のPOINT
  • その価格で取引が活発だったことを表すもの
  • あくまでも下値メド・上値メドの参考の一つ
  • 他の指標や出来事などと組み合わせることが重要
スポンサーリンク

価格帯別出来高とは

価格帯別出来高とは、名前の通り「価格帯ごとの出来高がどれだけあるか」です。

出来高が多いというのは「その価格で売買した投資家が多い」ことを表しています。

価格帯別出来高と株価チャートの例1

実際に株価チャートと価格帯別出来高を見ていきます。

下記はJT(2914)の週足株価チャートと価格帯別出来高です。

横の黒い部分が価格帯別の出来高です。段階的に出来高の多い箇所があり、中でも特に多いのが2,200円、2,000円あたりの少し下です。

このあたりの価格で売買した株主が多い事を表しています。

下値のメド

現在の株価は出来高が多い価格帯よりも上にあります。これは、期間内(2020年以降)に保有した投資家の内、含み益を抱えている投資家が多いことを示しています。

そのため、数カ月から1年程度の保有を考えている投資家が利益確定売りをした場合、株価が下落して出来高が多い価格帯に近づく可能性があります。

下落した場合の下値メドとして価格帯別出来高が参考になります。

価格帯別出来高と株価チャートの例2

下記はゼリア新薬工業(4559)の週足株価チャートと価格帯別出来高です。

価格帯別出来高で多いのは2,100円と1,900円あたりです。

上値の下値のメド

現在の株価は出来高の多い場所に挟まれる形です。

ここから株価が上昇しても下落しても、出来高の多い価格帯が近くなると利益確定や損切りにより上値・下値ともに重くなる可能性があります。

スポンサーリンク

最後に

価格帯別出来高はあくまでも一つの目安です。大きな材料が入ればこの目安は一気に突破され、新たな出来高ゾーンが形成されます。また、そもそも出来高が少ない銘柄には適用できません。

出来高の多い銘柄が、期間内でどの価格で売買されているかを把握する参考の一つとして、他の指標や出来事などと組み合わせて考えることがとても重要です。

タイトルとURLをコピーしました