株式投資で「失敗は成功のもと」と「大成功は失敗のもと」となる場合について

「失敗は成功のもと」とは失敗したことを生かして次の成功につなげる。とても有名なことわざです。もちろん、このことわざは投資にも当てはまると考えています。自分の失敗経験だけでなく、先人の失敗例を学ぶことで自分の成功につながる場合もあります。

今回は、株式投資での「失敗は成功の元」と共に「大成功が失敗の元」について考えてみました。

失敗は成功の元POINT
  • 成功経験よりも失敗経験から学ぶことの方が多い
  • 投資手法により失敗と見るポイントは人により異なる
  • 普段の心構えは一度の失敗で相場から退場しないようにすること
スポンサーリンク

失敗は成功の元とは

まずはじめに「失敗は成功の元」について確認していきます。

ダレル・ロイヤルの手紙

有名な話ですが、アメフトコーチをしていたダレル・ロイヤルの手紙というものがあります。彼が選手に向けて書いた手紙の内容が下記です。

フィールドでプレーする諸君等の誰もが、必ず一度や二度の屈辱を味あわされるだろう。
打ちのめされた事が無い選手等、かつて存在した事は無い。ただ一流の選手はあらゆる努力を払い速やかに立ち上がろうと努める。並の選手は少しばかり立ち上がるのが遅い、そして敗者はいつまでも グラウンドに横たわったままである。

ダレル・ロイヤルの手紙より抜粋

これはスポーツだけに限った話ではないです。どんな人でもどんなことでも、当然失敗することがあります。その時に失敗を分析してあらゆることを試し、すぐに挑戦していく人は一流です。

失敗した時の感情とは

失敗した時、または失敗経験を見たときに「次はこれを試してみよう」、「この方法ならどうだろうか?」と新たな方法を試すことや考えることができる人は投資だけでなく成果を上げることができる人です。

逆に「うまくいくと思ったんだけどな」といつまでも後悔をして、失敗を振り返らず・分析せずに同じ失敗を何度も繰り返すのは当然、成果につながりません。

トライアンドエラー(トライアルアンドエラー)

「失敗は成功のもと」は「トライアンドエラー(正しくはトライアルアンドエラー)」と同じ意味と考えています。簡単に言うと失敗してもあきらめず試行錯誤すること。いつの時代も言い方は異なりますが、似たような意味の言葉が出てきます。それだけ失敗から学ぶことは多いということです。

株式投資での具体例

株式投資での失敗は上げるとキリがありません。例えば、「利益確定を急いだ」、「損切りをためらった」、「損切りが早かった」、「銘柄選びに失敗した」などなど。人それぞれ投資の考え方・投資手法があるため、考え直すポイントは人それぞれです。

スポンサーリンク

大成功は失敗のもと

次に「大成功は失敗のもと」を考えていきます。

勝って兜の緒を締めよ

先人達の投資失敗例を見ると多くの人が失敗の前に「成功」しています。中には億という金額を稼ぎ出し「大成功」した後に失敗をして資産を無くした人もいます。

これも有名なことわざですが、「勝って兜の緒を締めよ」というのがあります。勝っても油断せずに用心しろ。ということですが、ホームラン級の大成功をした場合、その成功経験が足をひっぱり、いつまでもそれに頼ってしまうことがあります。

常に同じことが起こるわけではない

「前はこの方法で成功したから次も必ず成功する」過去の成功が大きければ大きいほど、その方法にしがみつきます。なぜなら、疑うより信じる方が簡単だからです。しかし、投資の世界では全く同じ方法が未来永劫有効となるケースはないです。

特に現代ではAIが投資の世界に進出しており、5年前、10年前には有効な考えも効かなくなることもあります。

最後に

失敗をしたら戦略を練り直して改善しながらチャレンジする。そして時には大きな方向転換をする。投資では100%成功することは不可能です。少しの失敗ではブレずに考えを貫くことも大切ですが、考え直すことも重要です。

失敗例を知ることも重要

莫大な資産を築き上げた投資家のほとんどは過去に必ず失敗しています。その失敗したときに相場から退場するほどの損失を出すことなく、成功したときの利益をどこまで伸ばせるか。その心構えが重要です。

失敗例を見て同じ失敗をしないように気を付けることは投資で非常に有効です。特に投資で紹介されるのは成功例が多く失敗例はあまり紹介されません。しかし、実は失敗例から学ぶことの方が多いです。

タイトルとURLをコピーしました