日本株を購入するのにお金はいくら必要か。いくらから株取引を始めるのが良いのか

「株を買ってみたい」とはじめて思った時に考えることが「一体いくらあればいいのだろう」、「ふつうはいくらくらいから始めるのだろう」というお金の心配だと思います。そんな今回は「日本株取引にはお金がいくらあればいいのか」、「いくらから始めるのが良いのか」について考えていきます。

株取引を始めるお金のPOINT
  • 株取引(投資)は余裕資金で行うもの。全財産や借金して行ってはいけない
  • 数万円で始めることが出来るが一般的には50万円~100万円で開始
  • 少ない資金で始めることが出来るサービスもある
スポンサーリンク

株取引(投資)について

株取引を始めるお金を考える前に株取引(投資)について基本的な確認をしていきます。

投資は余裕資金で行う

株に限りませんが投資をする上で一番重要なのは「余裕資金で行う」ことです。全財産で株を買う、借金をして株を買う。というのは投資ではなくギャンブルです。

バブルの頃、株で多くの損失を出して多額の借金を背負った人は余裕資金を使って投資をするという最低限のリスク管理ができなかった人たちです。今でもそれは同じで、「このお金が無くなったら困る」、「絶対に上がるから大丈夫」というのは冷静な判断ができていない状態です。

投資に絶対はない

投資は資産が増えることもあれば減ることもあります。損をしたくて株を買う人はいませんが、買った株すべてが上がる保証はどこにもありません。投資はすべて自己責任です。銀行や大企業は資金不足で倒産しかけると政府が助けてくれることがありますが、個人投資家は一切助けてくれません。

現代はインターネットが普及し、さまざまな情報があふれています。うそやデマもたくさんあります。投資に限らず「確実に簡単に儲かる甘い話はない」です。まずは疑ってみるのがちょうどよいです。

株取引に必要なお金と始める金額

では実際に株取引に必要なお金を考えていきます。今回は日本株の現物取引のみ考えています。

日本株を購入するのに必要なお金

個別銘柄の株を購入する場合、銘柄(会社)によって大きく金額が異なります。

2018年10月、国内取引所の株の売買単位が100株単位に統一されたため、基本的には「株価×100」+手数料が株を購入するのに最低限必要なお金です。

例えば、2020年6月5日終値時点の株価で見ると、任天堂(7974)の場合は株価が4万5,850円なので450万円以上が必要です。みずほフィナンシャルグループ(8411)の場合は株価が138.9円なので1万5,000円あれば購入できます。(注:みずほフィナンシャルグループは2020年10月1日に10株を1株に株式併合実施)

株は銘柄により数万円で買えるものから数百万円と非常に幅が広いです。なお、東京証券取引所の上場規程で望ましいとされる投資単位の水準は「5万~50万円」です。実際に多くの銘柄がこの水準です。

参考:単元株 – Wikipedia

一般的に株取引を始める金額

参考までに、私の場合は初めに50万円を運用資産として証券口座へ入金しました。50万円分株を購入したわけではなく、半分は気になる株が希望額まで下がった時に買う用として用意しておきました。

周りを見ても初めて株を購入するという人は大体50~100万円を株の資金としてはじめる人が多いです。100万円入金したのですぐに100万円分株を買う必要はありません。買いたいときに買えないということがないように、ある程度は現金として証券口座に置いておくのが良いです。

100万円あれば銘柄・株価にもよりますが値嵩株でなければ3銘柄くらいは保有できるので、ある程度リスクをカバーできる利点もあります。

投資資金が少なくても株を買う方法

「何十万円も余裕資金がない」、「初めてだからもっと少ない金額で始めたい」という人には、証券会社が行っている「単元未満株」や「ミニ株」というサービスを利用するのも一つの手です。このサービスは簡単にいうと、本来100株単位での取引しかできないものが1株、10株単位から取引できる。というものです。

最低購入価格が10分の1、100分の1になるので数万円あれば株取引ができます。しかし、手数料が高かったり、株主優待が受けれないなどさまざまな制約があるので注意が必要です。個人的にはあまりお勧めしませんが、少額で株取引をしてみたい。値がさ株を少しだけ保有したい。などの時に利用してみるのが良いと思います。

参考:株式ミニ投資 – Wikipedia

最後に

株取引は数万円あれば始めることができます。中には怖いイメージがある人もいますが、リスクは全て自分で管理できます。信用取引を行わなければ借金を背負うことはありません。

実際に株取引を初めて行う人の資金は50万から100万円が多いです。資金が多ければ購入できる銘柄数、購入できる株式数が増えるため、多い方が選択肢は増えます。しかし少ない資金でもできることは沢山あります。重要なのは金額よりも「投資は余裕資金を使うこと」、「すべて自己責任」という点です。

タイトルとURLをコピーしました