株の配当金で生活することはできるのか

株主優待で生活をしている桐谷さんは有名ですが、現実的には現金がないと生活はできないです。

株を保有することで現金を手にする手段としては「買った株を高く売ることで得る利益(キャピタルゲイン)」と「株を保有しているともらえる配当金(インカムゲイン)」があります。

そこで、果たして株の配当金で生活するためにはどれだけ株を購入すればいいのかを考えてみました。

生活に必要なお金

人によって1カ月の生活費は大きく異なります。

桐谷さんのように一人で生活し、移動は自転車で車を持っていなければかなりの節約です。

最低限、生活に必要なものは、家賃、電気、ガス、水道、食費、通信費、その他雑費という感じですかね。

住んでいる地域、場所により家賃は大きく変わるので一概には言えないですが、一人暮らしで比較的家賃が安めの地域で車を保有しなければ月に10万円あれば生活することが可能ではないでしょうか。もちろん全員に当てはまるわけではないですが・・・家賃がかかる場合のほぼ最低額という感じですね。

年間で120万円。20%の税金を考えると配当金で年間150万円あればなんとか生活できますね。(実際には他に収入がない場合は総合課税で確定申告すれば税率はかなり落とせますが・・・150万くらいであれば多分7%くらいですかね?とりあえず1年150万でいきます)

株の配当には利回り5%をこえるものがありますが、数が少なくそこに集中投資をしてしまうと減配、無配など何かあった時に大きなダメージになるため平均値で3%となるように考えます。配当利回りが大きい銘柄はそれなりの理由があるのも多いですから・・・。

3%以上の銘柄は500銘柄ほどあるため、現実的な数字だと考えられます。平均利回り3%と考えた場合、年間150万円の配当金を受け取るには、5000万円必要です。なかなか厳しい数値ですね・・・。

副収入として考える

そこで、ぐっと目線を下げて国民年金の平均支給額である一カ月5万5千円を目標値とした場合を考えてみます。この金額で生活できる方はかなり限られますが・・・持ち家でもほぼ不可能かな?ってことを考えると国民年金がいかに少ないか(笑)

年間で66万円(税金を考慮すると約83万円)。同じく平均利回り3%と考えた場合約2800万円必要です

こうしてみると「配当金だけ」で生活をするというのはかなり厳しそうです。株価が下がるだけなら大きな問題はないですが、「配当が無くなる」、「配当が減る」となるとこの計画は破綻です。逆に配当が増えればうれしいですけどね。

最後に

「配当金だけで生活。」というのは無理ではないですが、ハードルがかなり高い気がします。

それよりも気になるのが現在の国民年金の平均支給額が1カ月5万5千円となっている点です。将来はもっと減るでしょう。実際には厚生年金や確定拠出型年金などいろいろとあるので人によって大きく異なるとは思いますが。。。

それでもやはり将来を考えると早いうちから投資能力を身に着けておくのが重要だと考えています。年老いてからいきなり大きな金額で投資をはじめると高確率で失敗するでしょうから・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする