貯蓄から投資は本当に正しいのか、株式投資のメリット・デメリットについて

「貯蓄から投資へ」、「資産運用(株式投資)でお金を増やそう」など投資をすすめる話をよく聞きます。

今回は「そもそも株(株式)とはどういうものか」、株の仕組みから株を売買するメリットとデメリット、「本当に貯蓄から投資は正しいのか」について、ものすごく基本的なことから考えてみます。

置かれている状況、考え方などが違うので貯蓄なのか、投資なのかは人それぞれ。また、何に、どこに投資するかも自己責任。

スポンサーリンク

そもそも株(株式)とは何か、株の仕組みについて

「株(株式)とは何か」、株式会社の始まりと仕組みを簡単に確認していきます。

株式とは

株式(かぶしき)とは、株式会社の構成員(社員=株主)としての地位(社員権)や権利のことである(通説)。

世界初の株式会社は1602年に設立されたオランダ東インド会社といわれている。

株式は会社に対する権利全体を均等に分けるとともに、多額の出資を行った者には複数の株式の所有を認めることで、権利関係の処理の簡便化と流通の利便を図り大規模な事業での資本の調達を可能にする点に特質がある。

株式 – Wikipediaより抜粋

ものすごく簡単に言うと株式は「会社がお金を集める手段」です。

会社の権利を株という形に変換し、権利を分ける代わりにお金を集めます。株を買うというのは、会社の権利を保有することなので「会社は株主のもの」と言われる理由でもあります。

株式会社がはじまった理由

株のはじまりは諸説ありますが、17世紀の「東インド株式会社」が初めて株を発行したと言われています。

当時のヨーロッパは大航海時代と呼ばれ、多くの探検家が海へと出て、主に香辛料を持ち帰ることで大きな富を手に入れていました。

リスク分散

当時は船を造るのにたくさんのお金がかかりました。また、航海途中で遭難したり、海賊に襲われたりするなど、無事に帰れる保証もありませんでした。

せっかく大金をかけて船を造っても何も持ち帰れなければ損をするだけです。

そこで、多くの人でお金を出し合って、失敗したときの1人当たりの損失をできるだけ減らす・儲けを分配する方法として考えられたのが株と言われています。

現代では株式会社が会社の主流

会社にはさまざまな種類があります。合同会社、合資会社、合名会社、株式会社。新規では無理ですが有限会社など。現代の大企業はほぼ株式会社です。

株を発行してお金を集め、会社の事業が上手くいけば利益を分配する。会社の事業内容に共感を得ることができれば多くのお金を集めることができ、会社を大きくすることができます。そのため大企業には自然と株式会社が多くなります。

スポンサーリンク

株(株式)を保有するメリットとは

株を保有するメリットを見ていきます。証券会社を通して誰でも購入できる「上場している株」に限定しています。

保有を続けると手にできる配当(インカムゲイン)

会社が利益を上げたとき、株を保有している人に「配当金」と言う形で利益が分配されます。

日本の上場企業の場合、多くの企業が年に1回か2回、配当金を配ります。もちろん、会社それぞれで配当金額が異なりますし、事業がうまくいっていない場合や利益を設備投資などに充てる場合は配当金が無いこともあります。

株主優待もメリットの一つ

会社によっては株の保有者に「株主優待」を実施する会社もあります。これも立派な株を保有するメリットの一つです。

売却で利益を手にする(キャピタルゲイン)

もう一つのメリットは株を売ることで手にできる利益です。

株の値段は「ある投資家が買いたいと思う値段」と「別の投資家が売りたいと思う値段」の「需要と供給」によって成り立ちます。1,000円で買った株を1,500円で売った場合、差額の500円を利益として手にすることができます。

株価の変動

株の値段は会社の業績、将来性などから日々変動します。会社が大きく成長すれば、当然その会社の株が欲しいという人が増え、株価が上昇します。反対に、業績が悪く成長性が見込めない場合、欲しい人は少なくなり、株価は下落します。

参考:キャピタル・ゲイン – Wikipedia

株を保有する一番のメリットは「お金が増えるかもしれない」と言う点です。

株を保有するデメリットとは

株を保有するデメリットを見ていきます。当然ですが、メリットだけではなくデメリットもあります。

株価下落リスク

株価は上昇したり下落したりします。当然、自分の買った株が必ず値上がりするとは限りません。

場合によっては、買った時よりも安い値段で売ることになります。1,000円で買った株を500円で売った場合、差額の500円が損失となります。

最悪は紙くずに

株価が下落するだけでなく会社が倒産してしまった場合、その株の価値は0円になることもあります。いわゆる紙くずになるというやつです。

株を保有するデメリットはお金が減るかもしれない。という点です。

株を保有する一番のデメリットは「お金が減るかもしれない」と言う点です。

貯蓄から投資は正しいのか?

「貯蓄ではお金が増えないので投資へ」と言うのを見ます。

確かに、貯蓄では「現状」ほとんどお金が増えません。特にモノの値段が上がっている場合、お金の価値が下がっているため、お金が減っているという見方もできます。

投資は必ずお金が増える訳ではない

株式投資に限らず「投資には必ずリスクがあります」、当然ですがお金が減る可能性があります。投資は完全に自己責任で、仮に損をしても国は補填してくれません。

証券会社や投資関連には必ずリスクの記載があります。人により貯蓄金額も違えば、取れるリスクも異なります。

まれに「10年前から投資をしていたら」、「昔、この会社の株を購入していたら」というのを見ますが、後になって言うのは簡単です。

基本的な事

株は非常に奥が深いものです。まだまだここには書ききれないことがたくさんあります。重要なのは「そもそも株式とは何か」基本を忘れないことだと個人的には考えています。

「貯蓄から投資へ」は正しいのか、当たり前の回答ですが「人それぞれ」だと個人的には思います。

タイトルとURLをコピーしました