【株初心者その3】株初心者へおすすめの投資方法

前回、株取引に必要なお金を掲載しました。

【株初心者その2】株を買うのに必要なお金
実際に株取引を始める前に知っておいたほうが良いことはたくさんあります。その中でも、特に重要な「株取引は投資」であること。「株取引に必要なお金はいくらか。」をわかりやすく説明します。

今回は実際に初めて株を買う人へのおすすめの投資スタイル、株の選び方を紹介します。




初心者へおすすめの投資スタイル

投資スタイルといっても、何も難しいことはないです。大きく分けて二つしかありません。

一つはいわゆるデイトレードと呼ばれるスタイルで短期間で株を売買し、株の値上がり益(キャピタルゲイン)を狙ったものです。短期間で大きな利益を手にすことができる反面大きな損失を出す可能性もあります。デイトレードを否定するわけではないですが、初心者にはおすすめしません。

では、初心者におすすめの投資スタイルとはなにか。それは「中長期的な投資」です。1日の株価の値動きを見るのではなく、長い目でみて、「この会社は成長するだろう」、「この会社の今の株価は安い」、「安定して配当を出している」など、さまざまな理由で投資を行います。

初心者におすすめしない株

初心者におすすめしない株とは、株価が高いもの、安すぎるものです。

株は高いもので100株買うと数百万円するだけでなく、1日で数万円~数十万円動くことが良くあります。はじめて買った株が、1日で何万円も上下するのは、まったくやったことがない人にとってはとても怖いことだと思います。

次に、おすすめしないのは安すぎる株です。具体的には一株100円未満の超低位株と呼ばれるものです。1万円ほどの少ない資金で購入できる事で値動きが激しくなる傾向にあり、全ての株に当てはまるわけではないですが、デイトレーダーや仕立筋に狙われる可能性があり、こちらも初心者のうちはおすすめしないです。

初心者におすすめする株

初心者におすすめする株とはなにか。それは、実は身近にあったりするものです。

今から約10年前を考えてみます。例えば、回転寿司チェーン店の「無添くら寿司」を展開する「くらコーポレーション」ですが、10年前に比べ現在は5倍以上の株価になっています。

ソフトバンクグループ、ニトリホールディングスも5倍以上になっています。ほかにも株価が上昇したものはたくさんありますが、これらの銘柄を10年前でも知っていた方はたくさんいたのではないでしょうか。

最近では、「いきなりステーキ」を展開するペッパーフードサービスがわずか1年ほどで10倍以上に跳ね上がりました。

特に近年は株価が上昇傾向にあるという影響もありますが、「この会社、業界はこれから伸びる」と思い株を購入した方がたくさんの利益を手に入れているのです。

※上記はすでに上昇した株です。おすすめする銘柄ではありません。

最後に

初心者の方が株を買う時に一番重要視するのは、「この会社はこれから伸びそう」、「この会社を応援したい」という気持ちがわいてくる会社だと思います。

そして、それらの株は身近にあるものです。いつも通る道、お気に入りのお店。普段からさまざまなアンテナをはることでチャンスを見つけることができると思います。

実際に購入するときに気を付ける事としては「自分が注目したとき、すでに遅くないか。」ということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする