【株初心者その1】株の仕組みとは

「株ってニュースや新聞でみたりするけど、一体何?」、「株ってなんだか難しそうだし、やめておけっていう人もいるし・・・」

そんな株初心者の方へ、「株とはどういうものか」はじめの一歩目を簡単に記載していきます。




そもそも株ってなんだ

「株」とは会社がお金を集める手段の一つです。

株のはじまりは諸説ありますが、教科書に載っている話として、17世紀に「東インド株式会社」が初めて株を発行したとなっています。

当時のヨーロッパは大航海時代と呼ばれ、多くの探検家が海へと出ていき、主に香辛料を持ち帰ることで大きな富を手に入れていました。

しかし、当時は船を造るのにたくさんのお金がかかります。また、航海の途中で遭難したり、海賊に襲われたりするなど、さまざまなリスクがあり必ず無事に帰ってこれるという保証はありませんでした。

せっかく大金をかけて船を造っても何も持ち帰れなければ、ただ損をするだけでした。

そこで、たくさんの人がお金を出し合って、失敗したときの一人当たりの損失をできるだけ減らそうと考えて作られたのが株です。

現代では会社が株を発行し、投資家に株を買ってもらい、そのお金で会社が事業を行い、事業がうまくいけば、株を持っている人に利益を分配をします。

株で利益を手に入れる方法

株で利益を手に入れる方法として大きく2つあります。

一つ目は、上記で記載したように、会社の事業がうまくいっていれば、株を買ってくれた投資家に「配当金(インカムゲイン)」が配られます。会社は株を発行し資金を集めています。当然、株を買ってくれる人がいなければ事業が成り立ちません。日本の多くの会社は年に1回か2回、配当金を配ります。もちろん、会社それぞれで配当金の額が異なりますし、事業がうまくいっていない場合は配当金がなしということもあります。

もう一つは株を売ることで得ることができる利益(キャピタルゲイン)です。

株の値段は「ある投資家が買いたいと思う値段」と「別の投資家が売りたいと思う値段」の「需要と供給」によって成り立ちます。

つまり、株を1000円で買いたいという人と1000円で売りたい。という人がいればその会社の株価は1000円になります。

株の値段は会社の業績、将来性などから日々変動します。会社が大きく成長すれば、当然、その会社の株が欲しいという人が増え、株価が上昇します。反対に、業績が悪く、配当なしとした場合、株価は下落します。

1000円で買った株の会社が大きく成長し、1500円で欲しい人に売った場合の差額の500円がキャピタルゲインとなります。

株は危険なのか

株を取得することで、インカムゲインやキャピタルゲインで利益を手に入れることが最大のメリットとなる反面、リスクも当然あります。

一番のリスクは株が下落することです。

株価が下がってしまい、株を売らないといけない理由や、会社の成長に期待出来なくなった場合、買った時よりも安い値段で売ることになります。1000円で買った株を500円で売った場合、差額の500円がキャピタルロスとなります。

また、下落するだけでなく、倒産してしまった場合、その株の価値は0円となることもあります。いわゆる紙くずになるというやつです。

最後に

株のはじめの一歩として、まず株とはどういうものか、イメージすることできたのではないでしょうか。株は非常に奥が深いものです。まだまだここには書ききれないことがたくさんあります。

だれもがはじめは初心者です。少しずつしっかりと理解することでそのリスクを減らすことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする