株かFXどちらが良いのか

みなさんは「株かFXどちらをやりますか?」と聞かれたらどちらをやりますか?

きっと「株」と答える方が多いかと思います。

結論から先に言うと、両方やることをオススメします。もちろん、株とFXの両方に回せるだけの余裕資産があるという前提です




株とFXの違い

なぜ、両方やったほうがいいのか。それぞれの違いから見ていきます。

投資の対象

株は企業に投資をします。

普段利用している、もしくは良く目にする企業の株を買っている人もいると思います。身近に感じることから、投資を始めたばかりの人にも分かりやすいと言えるでしょう。

一番有名な東京証券取引所の第1部に上場している、売買できる株式だけでも2000種類を超えます。

FXは為替に投資をします。

米ドル、ユーロなどの有名な通貨から、トルコリラ、南アフリカランドなどマイナー通貨まで、さまざまなものがあります。

実際に売買できる通貨は、FX業者により異なりますが、多くても50種類程度です。また、実際に多くの人が取引している通貨となると10種類前後です。

レバレッジ

株は信用取引の場合資金の約3倍の取引ができます。

株は1年で株価が10倍になるテンバガーと呼ばれる銘柄もあれば、業績悪化などで株価が半分になる銘柄がいくつかあります。そのため、資金の約3倍までとなっています。実際にはレバレッジをかけずに現物取引をされている人が多いのではないでしょうか。

FXは国内業者では証拠金の25倍まで取引ができます。

例えば、米ドルですと、今年最安値が104.5円、最高値が114.5です。大きく値が動く時でも年間で30%前後のため、25倍までの取引ができるようになっています。ただし、トルコリラなどのマイナー通貨では、1年で半分になる可能性もあるので注意が必要です。

それぞれのメリット・デメリット

株のメリットは、自分の所有している株の値段が上がり売却したときに得ることができる売却益のほかに、配当金株主優待があります。

日経平均株価をみるとわかるように、基本的に株価は上下しながら上昇していきます安い時に買えば利益の出る可能性が高いということです。

FXのメリットは最大25倍までかけられるレバレッジ、スワップポイントです。

高すぎるレバレッジはリスクが伴いますが、レバレッジをうまく利用することで、少ない投資金額から始めることもできます。また、外貨預金よりはるかに優れているスワップポイントを得ることができます。

株の現物取引とは違い、FXは「買い」からも「売り」からも簡単に入ることができます。相場全体が下落することもある株式市場において、「買い」でしか入れない株よりどちらでも入ることができるFXのほうがチャンスが多いとも言えます。

株の場合では、信用取引で「売り」から入って買戻す、いわゆる「空売り」がありますが、基本的に株の場合、上昇するのが前提のため、初心者のうちはオススメしません。

まとめ

株に向いてる人、FXに向いてる人はそれぞれです。どちらが良いか悪いかはありません

これから投資を始める人はまずは自分の興味のある方からはじめて、余裕ができたら株とFX両方やることをオススメします。

そして、さらに他の金融商品(不動産、仮想通貨、先物など)もはじめてみると、さまざまな角度から物事を見ることができるようになり、必ずプラス効果があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする