日産(7201)の株価は今後どうなる、事件は売りなのか

2019年5月に減配当を発表、その後の業績悪化などの影響により下落の止まらない日産株(7201)ですが、いまだにNISAでは人気銘柄の一つです。

その理由の一つに減配当を発表したとはいえ未だに高利回りな事も要因だと考えられますが、今後、日産株がどうなるのか各指標、出来事から追ってみました。

日産自動車(7201)とは

説明するまでもないと思いますが、日本の大手自動車メーカーです。フランスの自動車メーカー、ルノーが44%の株を保有しアライアンス関係です。

2018年11月19日に当時、代表取締役会長だったカルロスゴーン氏が 金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で逮捕されました。

逮捕事件は売りだった

株式相場の格言に「事故は買い」、「事件は売り」というのがあります。

突発的な事故の場合、一時的に業績が悪化し、短期的には投げ売りがでますが、会社の経営自体に問題がなければ再び浮上して、株価が適正に戻る。という事から「事故は買い」と言われてます。

反対に、事件の場合、根本的な問題が会社にあるため、全てを解消できるか不透明かつ解消するまでに時間がかかるため「事件は売り」と言われています。

カルロスゴーン氏の金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)事件ですが会社に根本的な問題があり、結果的に「事件は売り」として株を売却した人が正解でした。

逮捕前には1000円台だった株価は逮捕の影響で900円台に落ちて推移していましたが、業績悪化により現在は700円台まで下落しています。

他の「事件は売り」のケース

過去に「事件は売り」だったケースはいくつかあります。

代表的なものに東芝があります。2015年、経営トップの関与による利益水増しの粉飾決算を行っていることが報告されました。

この問題で社長ら取締役が複数辞任し、株価が大きく下落、その後も営業赤字、調査報告などで株価が上下を繰り返しました。

事件前5000円台だった株価は一時1500円台まで下落、現在は3500円近くまで値を戻していますが未だ事件前の株価までは戻っていません。

日産自動車株の各指標、今後の動向

日産の現在の株価は741円、予想PERは16.8倍、PBRは0.56倍です。2020年3月期の予想配当を40円に減配しましたが、それでも配当利回りは5.3%とまだまだ高い数値です。しかし、配当性向は92%で危険水準です。

※株価は2019年7月26日現在

日産の株主優待

日産の株主優待ですが「株主が日産車新車を購入する」or「株主が紹介した人が日産車新車を購入」した場合にもらうことができるハードルの高い優待です。内容も株主に5000円、紹介されて車を購入した人に5000円相当のカタログギフトというものです。あまり縁の無さそうな優待です。

これからの日産

今後の日産ですが、先日、7月25日に大幅な減収・減益発表と同時にこれから5年をめどに1万2500人の人員削減と海外工場の閉鎖を発表しました。

人員削減はコスト削減になりますが、せっかく育てた人材を外に流出してしまうというリスクもあります。それは当然わかっているはずなので、それだけ切羽詰まっているとも考えられます。過去、人員削減で復活した日産ですが、再度同じ方法で復活できるのか注目です。

さいごに

東芝と同じにはもちろんできませんが、それでも可能性の一つとして同じように株価が推移する可能性はあります。

あくまでも可能性の一つとして、この先さらに業績が伸び悩み、減配もしくは無配となった場合、株価が大きく下落する可能性が高いです。しかし、ここから立て直すことができれば、将来「こんなに安く買えるチャンス」があったのかとなります。

これから先、国内の自動車産業は日産に限らず、消費税増税、円高の影響で厳しいのが想定されています。自動運転も海外に比べ日本のメーカーは大分遅れをとっています。

タイトルとURLをコピーしました