配当金狙いの日本株式投資で注意する3つのポイント【インカムゲイン投資】

株式投資で利益を手にする方法は大きく分けると2種類です。

一つは保有している株を売却して売却益を得る方法(キャピタルゲイン)。もう一つは株を保有し続けて配当金収入を得る方法(インカムゲイン)です。今回は主に配当金狙いの株式投資での注意ポイントを考えていきます。

配当金狙いの株式投資POINT
  • 業績推移・配当方針を重視する
  • 現在の配当利回りだけで選ばない
  • 相場下落時が仕込みのチャンス
スポンサーリンク

配当金(インカムゲイン)の考え方

まずはじめにインカムゲイン(配当金)の基本を確認していきます。

インカムゲインとは

インカム・ゲイン(和製英語: income + gain、英語では「investment income」が一般的)とは、株式の配当、預金や債券等の利息、投資信託の収益分配金等の利益のことである。

ただし額面価格より低い価格で発行され償還時に額面価格で償還されるゼロクーポン債は債券でもキャピタル・ゲインであり、また一般債券でも市場取引で得られた売買差益(差損)はキャピタル・ゲイン(ロス)に勘定される。

キャピタル・ゲイン – Wikipediaより抜粋

株式の配当はもちろんの事、預金の利息や投資信託の分配金、その他ソーシャルレンディングなどもインカムゲインの一つです。日本語で簡単に言うと分配金です。

株の配当金について

株式投資を行うメリットの一つに配当金があります。保有銘柄を増やす、株式数を増やすことで受取配当金を増やすことができます。また、業績が良い企業の場合、配当金が増える可能性もあります。

株式は「売買して利益を上げること」や「株主優待を受けること」などのメリットもあります。しかし、諸説ありますが、元々の株式会社の仕組みは「お金を集めて事業を行い、利益を分配する」というものです。そのため、長期で株を保有して配当を受け取り、再投資して受け取る配当を増やすことは株式投資の理想形の一つとも言えます。

株式投資のメリットの一つが配当金です。銀行の金利よりはるかに高い金額を手にできるメリットがある反面、株価下落、無配当などのリスクもあります。

配当長者になるための3つの注意点

次に配当金を増やすために注意する3つのポイントを簡単に紹介していきます。割と基本的なことです。

まずは業績を重視する

長期で株を保有して受取配当金を増やすのが目的です。そのため、一時的な株価の下落はさほど気にしなくてよいです。

しかし、業績が悪い場合は配当の廃止(無配)はもちろん、最悪は上場廃止もありえます。株価は業績だけでは決まらないです。しかし、業績の悪い会社、業績の回復が見込めない会社はいずれ配当が無くなります

そのため、まずは業績をみて「ここ数年赤字になっていない」のはもちろん「売上や利益が減少傾向でない」、「比較的業績が安定している・好調に推移している」ことを確認するのが重要です。

「前年比マイナス売上・マイナス利益が続く」→「大きくテコ入れや方向転換」→「失敗して赤字に転落」。衰退する企業の多くがこのルートをたどります。もちろん、中には方向転換がうまくいきV字復活する企業もあります。

現在の配当利回りで選ばない

業績の次に考えるのは「配当が継続されるか。今後、配当が増えるか」です。

そのため、配当金の推移に加えて「近年の配当性向」、「企業の配当に関する方針」も重要です。

例えば、株価が5,000円で年間配当金70円の銘柄があるとします。年間の配当利回りは約1.4%で配当利回りはやや低めです。しかし、毎年増配し5年後に年間配当が130円になったとします。すると年間配当利回りは約2.6%になります。

配当金が増えれば実質、毎年配当利回りが上昇することになります。ちなみに、上の例は実際にあった花王の例です。

高配当銘柄を紹介する記事などをよく見かけます。

しかし、高配当銘柄は何かしら理由がある銘柄が多いです。配当狙いの長期保有は現在の配当利回りではなく、将来高配当利回りになる可能性のある銘柄を保有する方法が安全です。

相場下落時がチャンス

最後に、長期投資では相場下落時こそ絶好の買い場です。

もちろん、下落の原因をしっかり把握することは重要です。企業自体に問題があり株価が下落した場合や、大きな影響がありそうな場合はリスクがあります。しかし相場全体が下落した場合、業績にさほど影響がなくても株価が下落するケースはよくあります。

例えば、2019年末の暴落、ヘッジファンドの決算売り、季節アノマリー、2020年3月の新型コロナウイルスなど相場が軟調になる時期が必ずあります。この時期こそ「絶好の仕込みチャンス」です。

スポンサーリンク

最後に

基本的に株は持ち続けるのが良いです。これは決して短期売買を否定するわけではないです。私も短期売買をします。株主優待狙いも良いと思います。投資の仕方・考え方は人それぞれです

しかし、「大型連休前は株を売るべき」、「大きなイベントが近いからいったん売るべき」、「今が買い時」という謳い文句(情報)は「売買してもらい手数料が欲しい」という証券会社の狙いもあります。

ほとんどのアナリストや専門家でも来年の株価がわかりません。そう考えると、10年後、20年後のことはわかるはずもありません。大企業が絶対倒産しないという保証もありません。しかし、自分で考えて納得したところにお金を入れる行為が重要だと思います。

私が株式投資を行う理由の一つは「銀行にお金をたくさん預けることに納得していない」からです。

タイトルとURLをコピーしました