保有している株が下落した時どのような対処をとるか

保有している株が下落した時の対処法は大きく分けて3つあります。

1つ目は静観して保有し続ける、2つ目はナンピン買いをする。3つ目は損切りをするです。今回はそれぞれのメリットとデメリットを考えどのように対処するのが適切なのか考えてみました。

3方法それぞれのメリット・デメリット

3つの方法があるということは、当然それぞれにメリットとデメリットがあります。

静観して保有するメリット・デメリット

待てる時間があるのなら売却して損失を確定させる必要はないです。

じっくり保有し続けて株価回復を待つのも一つの手段です。この場合のメリットは損失が確定しないこと、デメリットは資金が拘束されること、株価が戻らず損失が膨らむ可能性があり、最悪は上場廃止になることです。

ナンピン買いをするメリット・デメリット

私はほぼしないですが、静観よりも攻めの対処法がナンピンです。資金に余裕があり、銘柄に問題があって下落したのではなく市場全体が大幅に下落した場合はナンピン買いが有効となる場合もあります。

メリットは静観の場合と同じように損失が確定しないことに加えて、購入平均単価が下がることで静観するより回復に必要な時間が短くなる可能性があるです。デメリットは静観よりもさらに資金が拘束されて、損失がさらに大きく膨らむ可能性があることです。

損切りをするメリット・デメリット

一番難しいのが損切りです。デメリットである損失を確定させることは特に初心者のうちはなかなかできないです。しかし、損切りにもメリットがあります。傷口を小さく抑えることができるのと現金が戻ってくるのでそのお金を再度、投資に回すことができることです。

損切りを含めあらかじめ考えるのがベター

株価下落時にどの方法を取るのかは投資法、考え方などにより人それぞれあり完璧な正解は無いと考えていますが、私はあらかじめ保有株が下落した時どうするかを想定しておくのが重要と考えています。

事前にどういう状況なら損切り・ナンピンするのか、また損切りポイントやナンピンポイントを考えておくことで下落時に慌てることが少なくなります。

私は想定する保有期間、銘柄により多少異なりますが、短期保有銘柄は相場全体が大きく下落した場合をのぞき、基本的には早めの損切りをするように心がけています

長期保有銘柄の場合、多少下落しても損切りすることは少ないですが、ニュース次第では損切りすることも当然あります。

具体的な損切りラインの設定方法

いくつか損切りポイントを考える方法がありますが、私の考え方の一つをJT(2914)を例に紹介します。

JTは直近1年間の株価で、高値は3196円、安値は2376円、現在値は2433円です。(※2019年7月22日終値)

損切りラインはこの高値と安値の差額から考えていきます。高値-安値は820円。現在、保有したと仮定した場合この差額の4分の1である205円下落した2,228円を損切りポイントと考えます。

この損切り価格は銘柄、保有期間、状況により差額の5分の1、3分の1とする場合もあります。また、この考え方だけではなく他を組み合わせたりもします。一つ言えるのは、どんな銘柄であっても短期保有は全て損切りポイントをある程度想定することです。

最後に

「損切りは絶対しない」それも一つの考え方だと思います。人により違うので否定はしないです。多くの資金があり、複数銘柄に分散している場合ナンピンも損切りも基本的にしなくて何年も保有する。というのは私の理想です

しかし、損切りをしない人で勝っている人はほとんど聞いたことがありません。勝っている人の多くは損切りがうまいです。

損切りは重要と考えている人でも、いざ下落が始まると簡単にできないものです。そのため、購入した時点である程度損切りポイントを設定しておくことも重要と考えています。

タイトルとURLをコピーしました