高配当銘柄の多くが減配当!高配当銘柄がリスクの高い理由を分析

株の銘柄を選ぶ基準の一つに「高配当」を考える人はたくさんいます。もちろん、配当は悪いものではないですし、投資をする以上、もらえるのなら出来るだけ多くの配当金をもらえる方が良いです。

しかし、考えてみれば当然ですがリスクが低く配当利回りが高ければ皆がその銘柄を買い、株価が上昇、自然と配当利回りは下がります。今回はそんな高配当銘柄への株式投資にリスクと高配当について考えてみました。

高配当銘柄のPOINT
  • 現在の配当利回りが高い銘柄はリスクがある銘柄も多い
  • 将来増配することで高利回りになりそうな銘柄を保有するのも高配当投資
  • 高配当という理由だけでなく自分なりの基準も設けるのが重要
スポンサーリンク

高配当という名の甘い蜜

株式投資を始めるきっかけの一つに「配当金がもらえるから」という理由の方はたくさんいると思います。私自身も「銀行にお金を預けてもほとんど増えないので、株を買ってみようかな」と思ったのが株をはじめるきっかけの一つでした。

始めた当初は頻繁に売買するつもりはなく、しばらく保有し銀行の利子よりはるかに良い配当金を受け取るつもりでいました。しばらく保有するなら多少株価が上下しても気にならないだろうと考えました。

高配当銘柄への投資失敗談

株を始めた当初、長期保有するから「出来るだけ配当金の多い銘柄を保有」と考えました。そこで私は雑誌に掲載されていた「長期保有におすすめの高配当株」をその企業の事をよく知らない状態で購入しました。

すると、その企業が業績悪化に伴い株価が下落、配当を減らしました。最終的に配当がなくなり、株価は購入時の価格に戻ることはありませんでした。株式投資でよくあることです。

高配当銘柄の中には無理をして配当を出しているところもあります。そのような企業は将来配当を維持できるかどうかわからないです。2020年3月期、2021年3月期に大きく業績が悪化した高配当銘柄の多くが減配当を行っています。

高配当銘柄は配当狙いで保有している人が多いため、配当が減れば売る人が増えます。そして、株価はさらに下落します。「減配当という事実」ができてしまうことで将来の投資家に対する印象も悪くしてしまいます。

理想的な話は現実的ではない

高配当の決まり文句の一例として「年間配当利回り5%なら20年で元が取れる」があります。もちろん、理論的には20年後に仮に株券が紙くずになってもマイナスにならないですが、実際には税金がかかりますし、20年後も配当が維持できている保証はありません。「20年以上減配無し」+「高配当」というのはかなり厳しい確率です。

株価が下落した高配当銘柄の例

次にここ数年で実際に起きた高配当株の例をあげます。株価は2020年10月2日終値です。

デクセリアルズ(4980)

旧ソニーケミカルのデクセリアルズ(4980)は2017年3月の株価は1,100円、1株当たりの配当は55円で年間配当利回りは約5%でした。その後、2018年1月には株価が1,500円をこえて比較的順調に見えました。

しかし、業績悪化などに伴い2018年3月期の配当を40円に減配し株価が下落。さらに2019年3月期は配当を34円に減配しました。

現在の株価は1,101円まで戻りましたが年間配当が34円なので配当利回りは約3%です。十分な高配当ですが、以前と比べて利回りがかなり落ちています。

フィールズ(2767)

フィールズ(2767)は2017年3月の株価が1,150円、1株当たりの配当が50円で年間配当利回りは約4.3%。しかし、2018年3月期に配当が30円に減配、2019年3月期はさらに減配し10円となりました。

現在の株価は334円で年間配当は10円なので配当利回りは約3%。1,100円で保有した人は利回り1%に届きません。今回、過去の2銘柄を例にしましたが、現時点で2020年3月期、2021年3月期に大きく減配・減配予定の銘柄はたくさんあります

有名な銘柄を上げると日産自動車、ホンダ、マツダをはじめ、キャノン、村田製作所など増配続きの大企業も大きく減配しています。

現在の配当利回りではなく将来の利回りを考える方法

次に「配当利回り」について考えてみます。雑誌やWEBサイトなどで見かける利回りは現在の株価に対する年間の配当利回りです、当たり前ですが。

例えば、現在の株価が1,000円で年間の配当金が50円の場合、年間の配当利回りは5%です。配当金が20円に減配した場合は利回りが2%まで下がります。

年々増配して利回りが上がる例

連続増配で有名な企業に花王(4452)があります、30年連続で増配しています。現在の株価は7,777円、予想年間配当は140円のため年間配当利回りは1.8%です。

2015年を見てみると株価5,000円で配当80円です。その時点での配当利回りは1.6%。その時点での配当利回りは大体2%未満と高利回りではないです。しかし、仮に2015年に5,000円で購入していたとすると、2020年12月期は2.8%まで上がることになります。それ以前に購入している人はさらに配当利回りが高いです。

高配当株式投資の考え方

配当狙いで株を保有する場合、何年も保有するのが前提となります。そのため、年々増配している企業の銘柄を保有することは「将来の高配当銘柄を保有する」と考えることが出来ます。

現在の配当利回りはそこまで高くないが将来、増配により高利回りに化ける銘柄を見つける。というのもある意味では「高配当銘柄」への投資と考えることができます。

その際参考になるのは「過去の配当金推移」、「配当性向」、そして何より重要なのは「業績の推移と今後の見通し」です。

最後に

私が保有している株の中にも高配当銘柄もあるので高配当銘柄全てを否定するわけではないです。しかし「高配当だから」という理由だけで株の銘柄を選ぶのはとても危険です。私も株を始めたばかりの頃に痛い目にあいました。

「高配当でも買って良い銘柄」の基準は人それぞれになると思いますが、株の基本的な考えは「将来成長するだろう」、「この会社を応援したい」です。それに加えて中期的に減配をしていない、配当性志向が極端に高くない、有利子負債が多くないなど、自分なりの基準を組み合わせて判断しています。

タイトルとURLをコピーしました