FXを初めてやる場合、いくらで始めるのが良い?資金の考え方について簡単に解説!

「FXで全財産をなくした」、「FXで借金を背負った」このようなニュースを見ることがあると思います。そして、FXをよく知らない人がこのようなニュースを見ると「FX=危険」と認識してしまうこともあります。

しかし、これはFXに限った話ではなく、株や不動産などほかの投資全般に言えることです。しっかりとした知識を身につけて実践すれば「全財産を無くす」、「借金を背負う」事にはなりません

FXを始める資金について簡単に解説していきます。正しい知識を身に付ければ全財産を無くすことはありえません。

スポンサーリンク

FXを始める資金を考える前に・・・

はじめに、「FXをいくらで始めようか」と考える前に気を付ける点があります、内容としてはごく当たり前のことです。

余裕資金で行う

FXで大損する人のほとんどが「投資ではなく、ギャンブル」としておこなっています。投資は余裕資金で行う。これは基本です。

特にFXの場合はトレードがうまくいったことで短期間に大きな利益を手にすることもあります。その時に「10倍買っていたら、10倍利益が出た。」と思ってしまうのは危険な兆候です。

何千万円という損を出したことのある多くの人は、その損失の前に少なからずこのような兆候がある方が多いです。必ず勝ち続ける方法はないですし、余裕資金で行わないと冷静な判断ができなくなります

中にはギャンブル的な取引で億り人になった人もいます。しかし、それは本当に一握りの人です。なくなったら困るお金に手を出した人のほとんどが失敗をしています。

「余裕資金で行う、冷静に判断できる金額で行う」投資全般に当てはまる当たり前のことです。

ルールを明確にする

次に注意するポイントは、「自分のルールを明確にする」ことです。

ただやみくもに何となくで取引している人で利益を上げている人は聞いたことがないです。勝っている人は必ず自分のルールを持っていて、それを説明できる人です。

テクニカルでもファンダメンタルでもなんでもよいです。自分でルールを決めて、それを実践し、改良していくことで確実に利益につながります。

FXの取引手法を「なんとなく」や「色々な線を引いている」と答える人で勝っている人は見たことがないです。

FXを始める資金について

さて本題のFXを始めるお金についてです。

少ない資金から始めることがオススメ

FXでは米ドルをはじめ、ポンド、ユーロなど、さまざまな通貨の取引ができます。業者により取引できる通貨、最低取引量は異なります。その中でも初心者へおすすめなのは1,000通貨から取引ができる業者です。

例えば、米ドル円の現在の取引レートは1ドル109円。「1,000通貨から取引」というのは最低1,000ドルから取引出来ることで、1万通貨というのは最低1万ドルからの取引となります。

1,000ドルを米ドル外貨として購入する場合、10万9千円必要です。しかし、FXの場合はレバレッジをかける事が出来るため、1万円もあれば取引することができます。

※為替レートは2019年12月参考値

初めてFXをやる場合、1,000通貨から取引業者を選択する事で1万円程度から十分に取引できます。

1日の為替の値動きについて

米ドル円の場合、1日の最も安い値段から高い値段までの幅は大体1円前後です。

もちろん、日によって異なります。例えば、9.11テロ、東日本大震災、リーマンショックなどの時には1日で3円~7円近く動きました。

仮に1,000通貨保有して1円動いた場合は、1,000円の利益、もしくは1,000円の損失となります。これくらいの金額なら初めてでも冷静に判断できるかと思います。

デモ取引と実際の取引は全く別物

FXを始めてみたいという人は1万円程度で実際に取引するのが良いと私は考えています。多くのFX業者には「デモ取引」が用意されていますが、個人的にはあまりオススメしません。

なぜなら、デモ取引の場合、あらかじめ資金が潤沢にある状態で開始します。失敗してもリセットできるし、実際の自分の財布には全くダメージがないため、大胆な行動になります。

慣れた人ならデモ取引と実際の取引の違いを認識しているので様々なことをデモ取引で検証するのは非常に有効です。しかし初心者の場合、デモ取引で利益が出ると「自分にはFXの才能がある」、「簡単にお金が増える」と勘違いすることがあります。

そのまま実際の口座で100万円、200万円で取引を始めるとほぼ間違いなく失敗します。デモ取引を利用しても良いですが、実際の取引はまず1万円~10万円程度のお金で始めるのが確実です。

デモ取引を利用して雰囲気を掴むのは良いですが、実際の取引とは全くの別物という認識が必要です。

取引通貨の違いについて

今回は例として米ドルを上げていますが、FXでは他にもユーロ、ポンド、豪ドル、NZドルから、南アフリカランド、トルコリラなど複数通貨が取引できます。

向き不向きがあるため、どの通貨で取引するのが良いかは人により異なります。個人的には値動きの大きいポンド、リスクが高い新興国の高金利通貨(南アフリカランド、トルコリラ、メキシコペソ)は初心者にはオススメしません

それぞれの通貨で特徴が異なるのでオススメの通貨は無いですが、初心者のうちは値動きの大きいポンドやリスクの高い新興国通貨はあまりオススメ出来ません。

最後に

FX取引を行う前にまずは「余裕資金を考える」、「自分ルールを明確にする」ことが大事です。投資では当たり前のことですが・・・。また、初めてFX取引をする場合は1,000通貨単位の少ない取引量、1万円前後の少ない金額で行い、慣れることが大切だと考えています。

少ない資金で始めることが出来るのもFXの利点の一つだと考えています。焦ることなく、余裕資金ができた時、また、ある程度慣れてから取引量、取引金額を増やせば問題ないです。

タイトルとURLをコピーしました