FXは国内業者、海外業者どちらがよいのか。メリットとデメリットを考える

FXを始めてみよう。もしくはすでにFXをしている人の多くが「国内FX」か「海外FX」どちらがよいのか。というのを一度は考えるかと思います。

今回、FXを行う上で「国内業者」と「海外業者」の違いからメリットとデメリットを考えてみました。




海外業者のメリット

まずはわかりやすく海外業者のメリットを見ていきます。

最大レバレッジが高い

国内業者と海外業者で一番大きく異なるのがレバレッジです。海外業者を使うメリットの一つでもあります。

現在、日本の国内業者では基本的にレバレッジは最大25倍までとなっていますが、海外業者では1000倍近くまでレバレッジをかけることができる業者もあります。

そのため、海外業者をすすめる人はまず「少額でも大きな利益を上げることができる高レバレッジ」の話をします。

しかし、1点気を付けることがあります。それは多くの海外FX業者では「高レバレッジはあくまでも少ない金額の場合に限る」という点です。

証拠金が100万円、1000万円と増えると最大レバレッジに規制がかかることがあります。(とはいえ、国内の25倍よりは高レバレッジの事が多いですが)

追証なし(ゼロカット)

もう一つ、海外業者のメリットをあげるとすれば追証がない業者が多いことです。

国内業者の場合、レバレッジ規制もあり証拠金以上の損失が出ることはほぼありませんが、可能性はゼロではありません。

基本的に、証拠金以上の損失が出る前に業者により強制ロスカットされますが、相場の急変動など不測の事態が起きた場合には約定されずに、証拠金以上の借金を背負う可能性もあります。

しかし、海外業者の場合、高レバレッジというのもあり証拠金以上の損失が出ることがよくあります。その場合、マイナス分をゼロにしてくれるゼロカットを導入している業者が多いです。そのため借金を背負うという最悪の事態を避けることができます。

海外業者のデメリット

スプレッドが広い

プランによって異なったり、全ての業者、取引通貨が当てはまるわけではないですが、基本的に海外業者の方がスプレッドが広い傾向にあります。

相場の急変動時以外の通常時間帯では国内業者の方が有利な場合が多いです。

スワップポイントが悪い

これも一概には言えないですが、国内業者の場合、業者がスワップポイントを競っているため海外業者よりもスワップポイントが良い傾向にあります。

安全性・信頼性が不安

海外業者の最大のデメリットがこれです。

国内業者の場合、金融庁が見張っているため、仮にFX業者が倒産した場合でも預けたお金は返ってきます。しかし、海外業者の場合はどうなるかわかりません。最悪、預けたお金が返ってこない可能性もあります。

そして「海外業者の中には出金できなかった」という業者があります(もちろんしっかりした業者もあります)。国内業者で届け出を出してある業者ではまずありません。

その他、海外業者では取引規制がかかったり、ルールが突然変わったりする業者もあるため、もし海外業者を利用する場合はしっかりと事前に調査することが必要です。

結局、どっちが良いのか

私の考えですが、数千円、数万円でギャンブルをしたいのであれば海外業者しかないです。ギャンブルといいましたが、完全運だけの宝くじを買うよりははるかに良いです。

もし、ある程度の証拠金を用意して資金管理を行い、仮に1年で資産を倍にするのを目標とした場合、国内業者一択です。海外業者を選ぶ理由はありません。

しかし、一週間で1万円を10万円にしたいのであれば海外業者でないとかなり厳しいです。(スキャルピングで最大レバレッジをかければ国内でも不可能ではないですが・・・)

当然ですが、一週間で1万円を10万円にするのはかなり難しいです。うまい人でもかなりの高確率でゼロになると思います。国内業者で1年間かけて100万円を110万円にする難易度とは桁が違います。

また、一番重要な事ですが、「国内業者じゃ勝てない。」といって海外業者を使っても「まず勝てないことです。」どちらの業者を使うにしても自分の取引ルールをしっかり実行することが重要になってきます。

「でも、国内業者じゃ大きく稼げない」、「海外業者で大きな利益を狙ってみたい!」という方へ個人的なおすすめ方法としては、まずは10万程度の証拠金で国内業者を利用し数千円、数万円の利益を上げて、その利益で海外業者を利用する方法です。

この方法なら、海外業者を使いゼロカットを繰り返し、気が付くと年間で何十万、何百万と損失を出すというのを避けることができます。

FXでは、「国内業者だから勝てる」、「海外業者だから勝てる」そんな事はないです。どちらを利用しても勝つことも負けることも当然あります。

国内業者で億トレーダーになった人もいれば海外業者で億トレーダーになった人もいます。

最後に

他にも国内と海外では税制が異なるなどの違いがあります。(利益、収入状況によるため一概にどちらがよいとは言えないです)

業者によって提供しているツール、入金ボーナス、キャンペーンなども大きく異なります。国内業者、海外業者、どちらを使うにしても良く調べるのが重要です。海外業者では指標時のみポジションをもつことや窓埋めのみのトレードを禁止しているところが多くあります。

人によって「取引したい通貨」、「短期取引なのか長期取引なのか」、「目標金額はいくらなのか」それぞれ異なると思います。それにより、適した業者も異なります。全ての人に適した「絶対この業者が良いというのは個人的にはない」と考えています。

もし、その業者があれば皆その業者しか使わないですからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする