FXとはどういう仕組みなのか、FXの特徴やリスクを把握する

「FXってよく聞いたりするけど一体何?」、「FXってなんだか難しそうだし、やめておけっていう人もいるし・・・」

そんなFX初心者の方へ、FXとはどういうものか。はじめの一歩となるその仕組と特徴、リスクを簡単に解説します。

FXとはどういう意味なのか

FXとは「Foreign eXchange(外国為替)」の略からきており、日本語では「外国為替証拠金取引」という名称が正式名称です。

外国為替とは、その名の通り外国のお金を買ったり売ったりすることです。

証拠金取引とは、簡単にいうと1万円を証拠金とすると10万円分や20万円分として取引ができますよ、という事です。証拠金とは担保のようなものです。そして、この元手の何倍も取引できることをレバレッジと呼んでいます。

FXの仕組み

FXではどのように利益を手にするのか、その仕組みを見ていきます

FXで利益を手にするとは

まずは両替をイメージしてみてください。アメリカに行くとき日本円をアメリカドルに両替するかと思います。この時、1ドル100円だとします。

1万円分をドルに両替して100ドルにします。その後、アメリカから日本に戻ってきます。その時に1ドル105円になっていたとします。すると100ドルを日本円に両替すると1万500円になります。

この500円が外国為替売買で手にした利益となります。

FXの特徴

FXの特徴の一つがレバレッジをかけることができる点です。1ドル100円の場合、通常の両替では当たり前ですが1万円を100ドルにすることしかできません。

しかし、FXでは1万円で1,000ドル分、2,000ドル分の取引ができます。これがレバレッジです。

1万円を証拠金として1,000ドル分取引とは、どういうことか。1万円で1,000ドル買って、その1,000ドルを売れば10万円になるのでは?と、そんなことにはなりません。

あくまでも1,000ドル分買った形になるだけで、FXは差金決済になります。

例えば、上で紹介したように通常の両替の場合1ドル100円の時に購入し、その後1ドル105円に上がった時に1ドルを売った場合105円となって戻ってきます。

この時の利益は5円です。100ドル(1万円分)買っていたら500円の利益がでます。

FXの場合、1万円を証拠金で1,000ドル分取引したということができるため、5円上昇した場合に1,000ドル分を売ると5,000円の利益になるということです。元手の1.5倍です。

これがFXの大きな特徴です。

他にも、通常の外貨預金に比べ、買い値と売り値の差(スプレッド)が小さいこともメリットです。取引業者により異なりますが、外貨預金の多くが米ドルを購入するときは50銭程度買値と売値の差があるのに対し、FXの場合は0.3銭ほどとなっています。

外貨預金の場合、100ドル購入した時点でマイナス50円ですが、FXの場合、マイナス0.3円になります。

FXのリスク

FXが危険だと言われる一番の理由がレバレッジ取引できる点です。もしレバレッジをかけなければ外貨預金と全く同じなので、FXが危険と言うならば外貨預金も危険となります。

レバレッジを使うと通常の取引よりも多くの利益が期待できる反面。その逆もあるのがFX最大のリスクです。

上記の例では、1ドルが100円から105円に上がった場合は5,000円の利益ですが、反対に1ドル95円になった場合は5,000円の損失です。1万円を元手にしていた場合、一気に資産が半分になります。

最後に

FXのはじめの一歩として、簡単にFXとはどういうものかを記載しました。

FXは決して簡単なものではないです。当然、リスクもあります。しかし、正しい知識を身に着けることで確実にリスクを減らすことができます。

タイトルとURLをコピーしました