FXのナンピンは危険なのか

FXでは、株とは違いナンピンをうまく使いこなすことができれば利益を上げることができます。

株の場合は上場廃止のリスクがあるため、ひたすらナンピンを繰り返すと最悪な事態もあります。株のナンピンに関する記事はこちら。

株のナンピン買いは危険
自分の保有している株が下落することがあります。 その時に、「安くなった」と安易に追加購入(ナンピン買い)する事はとても危険とい...

今回は、FXでのナンピンを考えてみました。




FXでのナンピン

為替では、特にドルなどのメジャー通貨の価値が無くなるというのはほぼ考えられないです。10年間上がり続ける、下がり続ける。という事もありえません。(マイナー通貨は下がり続ける。価値が1万分の1になる可能性はありますが・・・)

そのため、理論的にはひたすらナンピンを繰り返せば必ず利益を上げることができます。前提条件として資金が無限にあれば。ですが・・・

良いナンピンとは

FXではナンピンをうまく使い利益を上げている人がいます。そのため、ナンピン自体は否定しません。

よく「ナンピンはするな」というのを見かけますが私は「株のナンピンは基本的にはなし」と考えていますが、FXではしっかりと資金管理するのであれば、ありと考えています。

具体的に、どのようなナンピンならありかというと。「あらかじめナンピンを想定していること」と「レバレッジが高くなりすぎない」場合です。

当たり前ですが、ナンピンを想定しているというのは、「ナンピンポイント」「利確ポイント」「損切りポイント」全てを設定していることです。

悪いナンピンとは

簡単に言うと良いナンピンの反対が悪いナンピンです。

初めにポジションを持った時点で想定していない場所でナンピンする。レバレッジが高くなる。(具体的に10倍以上のレバレッジは長期保有ではもちろん、短期保有でも危険域です)

最後に

ナンピンする、しないにかかわらず、損切りポイントを設定せず「損失額を考えない」のはやってはいけない取引です。

株も含め、投資では100%予想通りに動くことはありません。よく「絶対に上がる」、「絶対に下がる」というポジショントークをする人がいますが、投資に絶対はありません。

自分の想定と反対に動いたとき、どのように対策するか。とりあえずナンピンしてしまうのは非常に危険です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする