【初心者必見】FXの失敗例から学ぶ

本日、日経平均株価が年初来安値を更新しました。やはり2万1千円が割れたら一気に行きましたね。

こんなときこそ、過去の失敗例から学ぶことが大事です。今回はFXで実際にあった失敗例を見ていきます。

実はFXだけではなく、投資全般に当てはまることです。過去の失敗例から、「やっていけないこと」「気を付けること」を学ぶことはとても重要です。




無限ナンピン地獄

FXでは金利の高い通貨を長期保有してスワップをもらう手法が数年前からブームです、今はさまざまな新興国通貨がありますが、古くは豪ドル円、ニュージーランド円の資源国通貨が人気でした。

【失敗例1.】豪ドル円でスワップ運用をはじめたAさん。

2012年頃、1豪ドル80円前後で1万通貨を買ったAさん。その後、豪ドルがわずか1年ほどで105円になりました。(80万円→105万円)

スワップ投資のはずが、「+27万円(内スワップ2万円)」と表示される評価益に「もっと買っておけばよかった!」と考えます。

その後、90円に下落したときに、また100円を超える!と強気に証拠金を増やし、レバレッジを高くしてポジションを増やしていきます。そして2014年の年末には狙い通り100円を超えます。

枚数が増えたことによるスワップ益も増え、評価益もうなぎのぼり。その後も下がったら買い、下がったら買いを繰り返します。

気づくと、はじめは80円で1万通貨保有だったのが、平均85円で100万通貨保有になっていました。1円下がると100万円の損ですが、その当時は「また105円になれば2000万円プラスになるし、毎日スワップが5000円もらえる!」としか考えられなくなっています。

レバレッジは20倍近くまで上がっていました。そして、2016年6月、豪ドル円は72円台まで一気に下落します。強制ロスカットを食らい何百万円という大きな損失を出すこととなりました。

楽してもうけたいという罠

【失敗例2.】システムトレードをよくわからず始めたBさん

FXではプログラムによる自動取引がいくつかあります。「ループイフダン」、「トラリピ」などのリピート系や、あらかじめ決められたロジック通りに売買するものなど。

過去の運用成績が良いという理由でどのようなものか全く知らずにプログラムに運用を任せたら、実はそのプログラムは基本的には損切りをしないというものであった。

表示されている運用成績には確定分しか反映されておらず、含み損は除外されていたのでした(良く見ればわかるものですが)。

毎月、預託証拠金(確定分)は増えるが、有効証拠金(未確定分含む)がどんどん減っていき、最終的には有効証拠金不足になり、システムによりマイナスポジションが全て強制決済されて大幅な損失を出しました。

システムトレードには推奨する証拠金額があり、その金額より少ないとこのような事が起こります。また、運用成績は過去のもので、将来同じ運用成績を保証しているものではありません。

最後に

株にしてもFXにしても、当たり前ですが「無理をしないこと」「余裕をもつこと」が大事です。ギャンブルをしたいのなら別ですが。。。

例えば、買った株が次の日に暴落しました。その会社がダメだから暴落したのか、それとも相場全体が暴落して引きずられたのか。そもそも、その会社の株は明日上がると思って買ったものなのか。FXでも同様です。そのポジションはデイトレードするためのポジションなのか、長期保有するためのポジションなのか。

通常なら判断できることも余裕がないと「相場が荒れ」、「周りの情報に流され」、正しく判断できなくなります。

日経平均は年初来安値を更新しています。一度下がりだすと「売りが売りを呼び、下げが止まらない」ことはよくあります。株にしてもFXにしても、ほかの投資もです。

投資のルールは人それぞれです。100点の正解はないです。しかし、「自分のルールを守らない」「そもそもルールがない」という人で投資がうまくいっている人というのは聞いたことがないです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする