FXは「順張り」か「逆張り」どちらが良いのか。

投資をしていると必ずといっていいほど耳にするのが「順張り」、「逆張り」という言葉です。

もちろん、FXでも「順張り」「逆張り」があります。今回、FXでは「順張り」と「逆張り」のどちらが良いのかを考えてみます。




順張りとは

流れに沿ってポジションを持つことです。ドル円のチャートを例に見てみます。

緑の丸で囲んだ時点ではチャートは上昇トレンドを描いています。ここで波に乗って上がると判断し、買いを入れるのが順張りとなります。

逆張りとは

流れの反対方向にポジションを持つことです。上記の緑丸の時点で前回高値付近に来ているのでトレンドが反転すると考えて売りポジションを持つのが逆張りになります。

では、実際にこの後チャートがどのようになったかを見ていきます。

このタイミングでは「順張り」が正解だったことになります。

しかし、下記の部分では反対に「逆張り」が正解だったことになります。

順張りのメリット・デメリット

順張りのメリットはコツコツと利益を上げやすい事です。流れを見てそれに沿うだけですのでポジションを持つ方向がわかりやすく波に乗りやすいです。

デメリットとしては天井や底をつかんでしまう可能性があるということです。特にFXでは永久に上がり続ける、永久に下がり続けるというのはメジャー通貨ではほぼありません。

そのため、流れに沿ってポジションを持った時点が天井や底になることもあります。

逆張りのメリット・デメリット

逆張りのメリットは大きな利益を上げられる事です。相場はどこかで反転する可能性が高く、反転ポイントを見極めることができれば大きな利益を上げることができます。

その反面、相場の反転ポイントの見極めはものすごく難しく、逆張りの場合はポジションを持ってすぐにマイナスが膨らんでいくことがあります。

損切りが重要

順張りにしても、逆張りにしてもポジションを持つときに損切りラインを設定するのが重要です。

順張りの場合、流れに沿って動くと判断するので逆方向にどこまですすんだら「損切り」するのか。

逆張りの場合、相場が反転すると判断しているので反転せずに流れに乗ってどこまで進んだら「損切り」するのかを考え、必ず「損切り設定」をすることでリスクを減らすことが出来ます。

最後に

順張りが良いか、逆張りが良いかというのは短期で売買するか、長期で売買するのかによっても異なります。

私は低レバレッジでスイング(数日~1週間単位)順張りを行うことで利益を上げることができています

【初心者オススメ】FXはスイングトレードでコツコツ稼ぐ
FXでは超短期トレード(スキャルピング)をはじめ、デイトレード、スイングトレードなどさまざまな方法があります、その中でも数日から1週間程度の期間でコツコツと利益を狙うスイングトレードは常にチャートを見る必要もなく初心者にオススメです。そのトレード方法を簡単に解説します。

しかし、FXは株とは違い一方方向に動くことが少ないため、逆張りでも全く問題ないと考えています。もちろん、私のスイングトレードでも毎月損切りを何回かします。

ポジションを取るタイミング、損切り幅、トレードする期間により「順張り」か「逆張り」どちらが良いか異なります。どちらにしてもまずはリスクをしっかり管理し、自分にはどの方法が適しているのかを見つけることが重要です。

一番やっていけないのはひたすらナンピンを繰り返しレバレッジを高くしてしまうことです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする