FXでは「順張り」と「逆張り」どちらの手法が稼げるのか

投資をしていると必ずといっていいほど耳にするのが「順張り」と「逆張り」という言葉です。

もちろんFXでも「順張り」「逆張り」があります。今回はFXでの「順張り」と「逆張り」の簡単な解説と、それぞれのメリット・デメリットを考えてみます。

目的により、どちらの手法が良いかが変わります。基本的には、大きく利益を狙う場合は「逆張り」コツコツと利益を狙う場合は「順張り」です。

順張りと逆張りとはどういうものか

まずはじめに、ものすごく基本的な事ですが、「順張り」と「逆張り」を簡単に解説します。

順張りとは

流れに沿ってポジションを持つことです。ドル円のチャートを例に見てみます。

緑の丸で囲んだ時点ではチャートは上昇トレンドを描いています。このまま波に乗ってまだまだ上がると考える場合に「買いポジション」を持つのが順張りとなります。

逆張りとは

流れの反対方向にポジションを持つことです。上記の緑丸の時点では前回高値付近に来ているのでここから下がると考えて「売りポジション」を持つのが逆張りとなります。

では、実際にこの後チャートがどのようになったかを見ていきます。

このタイミングではその後も上昇を続けたので「順張り」が正解だったことになります。しかし、下記の緑丸部分では反対に「逆張り」が正解だったことになります。

それぞれのメリットとデメリット

「順張り」と「逆張り」、どちらの手法にもそれぞれメリットとデメリットがあります。

順張りのメリット・デメリット

順張りのメリットはコツコツと利益を上げやすい事です。流れを見てそれにそうようにポジションを持つので波に乗りやすいです。

デメリットとしては方向感が出るまでポジションを持てないので底や天井のポジションが取れないため、大きく利益が出ないことです。また、FXでは永久に上がり続ける、永久に下がり続けるというのはメジャー通貨ではほぼありません。

そのため、流れに沿ってポジションを持った時点で流れが変わることも当然あります。

逆張りのメリット・デメリット

逆張りのメリットは大きな利益が狙える事です。先述したようにFXでは株に比べて上がり続ける、下がり続けることはあまりありません。どこかで反転することが多く、広い目で見るとある一定レンジ内で動くことが多いです。

そのため、反転するポイントを見極めることができればそのポジションが底や天井となり、大きな利益を狙うことができます。

デメリットとしては、どこかで反転するとはいえ、その反転ポイントの見極めはものすごく難しく、基本的に逆張りの場合はポジションを持ってすぐにマイナスが膨らんでいくことが多いです。

ポジションを取るルール、損切りするルールを明確にする

明確にポジションを取るルールを決めるのが重要

例えば、順張りの場合は移動平均線、逆張りの場合はRSIなど、複数の指標を駆使し、自分なりのルールを決めて、何度も繰り返すことが重要です。

あくまでも1回の成否ではなく、10回、100回。月単位、年単位でのトータル収支で手法が正しいのか検証することが大切です。

「順張り」、「逆張り」のどちらでも損切りが重要

順張りにしても、逆張りにしてもポジションを持つときに損切りラインを設定するのが重要です。

順張りの場合、流れに沿って動くと判断するので逆方向にどこまですすんだら「損切り」するのか。

逆張りの場合、相場が反転すると判断しているので反転せずに流れに乗ってどこまで進んだら「損切り」するのかを考え、必ず「損切り設定」をすることでリスクを減らすことが出来ます。

損切りはいざ損切りしようと思っていたところに近づくとできなくなります。そのため、損切り設定はポジションを取った時に設定するのが一番確実です。

最後に

順張りが良いか、逆張りが良いかというのは短期で売買するか、長期で売買するのかによっても異なります。私のメインは低レバレッジでスイング(数日~1週間単位)順張りのドル円です

しかし、FXは株とは違い一方方向に動くことが少ないため、逆張りでも全く問題ないと考えています。もちろん、私のスイングトレードでも損切りをすることも多いです。

ポジションを取るタイミング、損切り幅、トレードする期間により「順張り」か「逆張り」どちらが良いか異なります。どちらにしてもまずはリスクをしっかり把握し、自分にはどの方法が適しているのか、自分の取引ルールを見つけることが重要です。

「順張り」、「逆張り」のどちらにも言えることですが、一番やっていけないのはひたすらナンピンを繰り返しレバレッジを高くすることです。この方法はいつか必ず失敗します。

タイトルとURLをコピーしました