ETFとは何かをメリット・デメリットから分かりやすく解説!【上場投資信託】

個別の株はリスクが高いのでリスク分散のために「投資信託」を買いましょう。こんな記事、よく見かけませんか?ここまで露骨でなくても、やんわり投資信託を勧めるのは本当によく見かけます。

あくまでも個人的には「投資信託」よりETF(上場投資信託)の方が良いと考えています。今回はそんなETFについてメリット・デメリットから分かりやすく解説していきます。

ETF(上場投資信託)のPOINT
  • ETF(上場投資信託)は個別株と投資信託を合わせたようなもの
  • 少額で分散投資できる
  • 様々な商品があるが、取引量の多いメジャーなものを選ぶのが吉
スポンサーリンク

ETF(上場投資信託)とは何か

はじめに、ETFの基本をみていきます。

ETF(上場投資信託)とは

上場投資信託(じょうじょうとうししんたく)とは、金融商品取引所で取引される投資信託の事。ETF(英語: Exchange-Traded Fund)、上場投信という略称がよく用いられる。

一般の投資信託は金銭の出入りにより解約設定されるが、ETFは投信会社指定の現物金融商品による。

wikipediaより

簡単に言うと、ETFとは「投資信託を株のように売買する」ことです。

ETF(上場投資信託)の特徴

下記はETFの特徴の一覧です。

 ETF(上場投資信託)
売買場所証券会社
売買金額株と同様にリアルタイム
最低投資金額1万円前後
手数料売買手数料
信託報酬0.06%~

ETFは株と同じように銘柄コードがついています。

株と同じように取引できるため、すでに株取引をしている人は違和感なく、簡単に購入することができます。

ETFのメリット・デメリット

次にETFのメリットとデメリットを見ていきます。

ETFのメリット

ETFの1番のメリットは「少額から様々な指数に連動した商品を選ぶことができる」点です。投資信託の多くも指数(日経平均など)に連動した動きとなる商品が多いのは比較的似ている点です。

しかし、投資信託の場合「商品の質のばらつき」が大きいです。

運用成績が悪いものがあったり、信託報酬が高いものがあるので商品選びに失敗すると、相場は上がっているのに思ったような利益が出ない、損をする。という事があります。

特に銀行の投資信託では行政の指導が出るなど、さまざまな問題が出ています。

ETFのデメリット

株と同じように最低購入単位、金額が決まっています。少額で始めることができますが、最低でも1万円は必要になってきます。また、ETFの商品の中には取引量が少ない不人気なものがあります。

株と同じように取引するため、人気がない商品の場合、売りたいときに買い手がつかない可能性があります。そのため、慣れないうちは流動性の低いものは購入しないほうが良いでしょう。

また、投資信託のように定期的に「自動で積み立てる」ということは出来ません。あくまでも購入・売却のタイミングは自身の判断となります。

ETFの主な種類について

次に日経平均、TOPIXに連動して価格が動くメジャーなETFを見ていきます。

日経平均連動ETF

  • 日経225連動型上場投資信託(1321)
  • ダイワ上場投信 – 日経225(1320)
  • 上場インデックスファンド225(1330)
  • MAXIS 日経225上場投信(1346)
  • iシェアーズ・コア 日経225ETF(1329)

TOPIX連動ETF

  • TOPIX連動型上場投資信託(1306)
  • ダイワ上場投信 – トピックス(1305)
  • 上場インデックスファンドTOPIX(1308)
  • MAXIS トピックス上場投信(1348)

上記以外にもマザーズ連動、高配当連動、S&P連動などもありますが、メジャーなものに限定すると比較的数は限られてきます。

また、ETFには「レバレッジ」や「インバース」と名前の付く商品があります。これは少し特殊な商品なので長期保有には向いていないです。「分散投資のETFとは別物」と思ってください。

最後に

私は「投資信託とETFのどちらが良いか?」と聞かれたら、手数料が安くて自分に裁量権のあるETFの方が良いと答えます。

しかし、あくまでも「私は」です。例えば「自分で買い場を判断するのが苦手」、「定期的に積み立てたい。」というのであれば投資信託の方が向いています

初めは少額で定期的に投資信託で積み立てて、ある程度まとまった金額になったら売却しETFに切り替えるというのも一つの手です。

向き・不向きは人それぞれ異なります。「銀行から薦められたから」と言われるがまま動くのではなく、自分でよく理解して動くことが重要と考えています。

タイトルとURLをコピーしました