エーザイの株価が大きく上昇・下落している。株価チャート・配当推移を分析!【4523】

エーザイ(4523)は業績が好調に推移し株価も一時は1万円を超える株価でした。しかし、様々なニュースや相場環境の悪化などにより大きく上下しています。今回はそんなエーザイについて、今後の株価と配当はどうなるのか。業績推移・株価チャート・配当推移を分析してみました。

エーザイの株価POINT
  • 株価指標は割高、配当利回りは平均的
  • 配当は減配する可能性がかなり低い
  • 業績好調で過去最高益を更新する見通し
スポンサーリンク

エーザイの事業内容と株価指標

はじめにエーザイの事業内容と株価指標を確認していきます。

エーザイ(4523)とは

エーザイ株式会社(Eisai Co., Ltd.)は、日本の医薬品メーカーである。コーポレート・スローガンは「ヒューマン・ヘルスケア(Human・Health Care)」で、ロゴのhhcはナイチンゲールの直筆サインから取り出したものである(会社ロゴの、赤は動脈を、青は静脈を意味する)。

2012年の世界の医薬品メーカーの売上高における順位は25位で、国内5位に位置する。メインバンクは埼玉りそな銀行である。

wikipediaより抜粋

以前は、アルツハイマー型認知症治療剤「アリセプト」とプロトンポンプ阻害型抗潰瘍剤「パリエット」(米国名「アシフェックス」)の2品目が主な収益源でしたが、現在はヒト型抗ヒトTNFαモノクローナル抗体の「ヒュミラ」と抗がん剤の「レンビマ」が伸びています。

参考:財務データ|エーザイ株式会社

株価指標と配当利回り

現在の株価:7,388円

予定年間配当:160円

年間配当利回り:2.17%

予想PER:20.8倍、PBR:3.28倍

※株価は2020年4月6日終値

株価指標は割高感があります。配当利回りは平均的です。

エーザイの業績推移と株価チャート

次にエーザイの業績推移と株価チャートを確認していきます。

売上高と経常利益の推移

下記はエーザイの売上高と経常利益の推移です。

ここ数年の売上・利益は好調に推移しています。2020年3月期は13期ぶりに過去最高益を更新する見通しで非常に好調です。

株価チャートの推移

下記はエーザイ5年分の週足株価チャートです。

株価は大きく下落、大きく上昇するポイントが所々で現れています。現在は、新型コロナウイルスの影響もあり、大きく下落した後反発しています。一時は株価1万円を超えていましたが5,000円台になりそこから半年で再び1万円に近づくなど動きは激しいです。

エーザイの配当推移と株主優待

次にエーザイの配当推移と株主優待を確認していきます。

配当金の推移

下記はエーザイの配当金の推移です。

エーザイの年間配当金推移

2015年3月期:150円
2016年3月期:150円
2017年3月期:150円
2018年3月期:150円
2019年3月期:150円
2020年3月期:160円 (予)

エーザイは30期減配していないです。過去には赤字決算や配当性向が100%を超えたこともありましたが配当は減りませんでした。

配当方針として「持続的・安定的な配当を目指す」とし、DOEを目安としています。そのため減配する可能性はかなり低く今後も安定配当が続く可能性が高いです。

参考:資本政策の基本的な方針|エーザイ株式会社

株主優待制度について

エーザイは株主優待制度を実施していません。DOEを目安として安定配当を実施している多くの企業は配当で株主還元を行うのがベストと考えている企業が多いです。エーザイもその一つと考えられます。この考えは長期で株を保有し安定的に配当を受け取りたい人には非常に良いものです。

エーザイの決算内容と今後について

最後にエーザイの決算内容の確認と今後について考えていきます。

決算内容を確認

2020年1月31の決算にて2020年3月期第3四半期累計の連結税引き前利益は758億円と発表、通期計画の1,120億円に対する進捗率は67.7%となりました。

2Q決算にて経常利益の上方修正、3Q決算で最終利益を上方修正し好調さがうかがえます。

今後について

株価チャートを見てもわかるように、大きく株価が下落・上昇するポイントがいくつかあります。新薬を開発している多くの製薬会社に当てはまることで、今の業績よりも「新薬の試験結果・今後の展開情報」が株価に大きく影響しています。

エーザイは2019年3月にアルツハイマー病治験薬「アデュカヌマブ」の有効性、安全性を評価する臨床試験が低調で中止を発表したことで大きく株価が下落しましたが、2019年10月には、同治療薬の新薬承認をFDAに申請すると伝わったことで大きく上昇しました。

現在の株価は以前より安いとはいえまだ割高感があります。新薬が認可されればさらに株価が上昇する可能性は高いですが逆にマイナスニュースが入った場合にはこれまで同様、株価が大きく下落する可能性が高いです。

タイトルとURLをコピーしました