ダイドー(DyDo)の株価分析!安定配当も利益減少・株主優待実施銘柄【2590】

飲料大手のダイドーグループホールディングス(DyDo)は業績がやや軟調ですが、株価が上昇してきています。今後の株価と配当はどうなるのか。業績推移と配当推移・株価チャートを分析してみました。

ダイドー(DyDo)の株価POINT
  • 安定配当だが利回りは低め
  • 売上・利益ともに下落推移
  • 株価は下落から抜け出し上昇
スポンサーリンク

ダイドーの株価情報と事業内容

はじめにダイドーグループホールディングスの株価情報と事業内容を確認していきます。

株価指標と配当利回り

株価:5,000円
予定年間配当:60円
年間配当利回り:1.2%
予想PER:157倍
PBR:0.94倍

2020年9月3日終値時点のデータ

PERは割高、PBRは割安です。年間の配当利回りは低めです。

ダイドーグループホールディングス(2590)とは

ダイドーグループホールディングス株式会社は、2017年1月にダイドードリンコ株式会社から商号変更した。事業会社として、飲料部門のダイドードリンコ株式会社、医薬品部門の大同薬品工業株式会社、食品部門の株式会社たらみ等を子会社に持つ。

ダイドーグループホールディングス – Wikipediaより抜粋

事業として「国内飲料事業」、「海外飲料事業」、「医薬品関連事業」、「食品事業」を展開しています。売り上げに占める各セグメントの割合は下記となっています。

参考:DyDoグループのビジネスモデル|ダイドーグループホールディングス

ダイドーの業績推移と配当推移

次にダイドーグループホールディングスの売上高・経常利益の推移と配当推移を確認していきます。

売上高・経常利益の推移

売上は減収傾向、利益も2020年1月期は大きく減益、2021年1月期も更に減益予想と厳しい見通しです。

配当金の推移

下記はダイドーグループホールディングスの配当金の推移です。年2回、中間配当(7月)と期末配当(1月)を実施しています。

ダイドーの年間配当金推移

2016年1月期:60円
2017年1月期:60円
2018年1月期:60円
2019年1月期:60円
2020年1月期:60円
2020年1月期:60円(予)

配当は年間60円で据え置き推移です。

利益配分の基本方針は「安定かつ継続的に利益配分」としています。2020年1月期の配当性向は55%、2021年1月期の予想配当性向は約190%とかなり高くなっています。

参考:株主還元|ダイドーグループホールディングス

ダイドーの株価チャートと株主優待制度

次にダイドーの株価チャートの推移と株主優待制度を確認していきます。

株価チャートの推移

下記はダイドー5年分の週足株価チャートの推移です。

一時大きく下落した株価ですが、現在は大きく反発しています。

一旦の上値メドは5,300円、下値メドは4,500円と見ることが出来ます。業績見通しの厳しさを考えると株価は悪くはないです。

株主優待制度について

ダイドーグループホールディングスの株主優待は「100株以上、半年以上保有」で「6,000円相当の株主優待品」です。権利日は1月20日。他には5年以上継続保有で記念品、全ての株主へグループ商品の優待価格販売があります。

以前は3,000円相当を年2回でしたが「半年以上保有」、「年1回、6,000円相当」に変更しました。この変更は他の優待でもみられるものです。

100株保有で6,000円相当なので優待利回りは約1.2%です。

参考:DyDoの株主のメリット|ダイドーグループホールディングス

ダイドーの決算内容と今後について

最後にダイドーの決算内容の確認と今後について考えていきます。

決算内容について

2020年8月27日の決算にて2021年1月期2Q累計(2-7月)の連結経常利益は24.5億円と発表、あわせて通期の業績予想は連結経常利益が17億円見通しとしています。

今後について

グループミッション2030にて、2030年に向けて「投資」、「成長」、「飛躍」の3段階にステージを分けて今後の事業拡大を狙っています。現在はその「投資」ステージに当たり、海外事業や医薬品関係などM&Aを含め余剰資金を今後の為の投資に使う予定としています。

現在のDyDoの事業中心は飲料です。特に自動販売機が占める割合が高いです。近年ではコンビニの普及、ドラッグストアでの飲食取扱い増などの影響で価格競争などもあり、国内飲料は今後厳しくなるのが想定されます。

そのため、新たな柱を育成すべく投資を行いますが、当然、その原資はこれまでの利益余剰金やこれからの利益です。安定配当を基本方針としていますが、利益が厳しいと「配当」と「投資」にどのように配分するかという問題も考えられます。

タイトルとURLをコピーしました