セントラル硝子の株価と配当は今後どうなるか?業績推移と配当方針変更を確認【4044】

ガラスで国内3位のセントラル硝子(4044)が2019年5月に配当に関する基本方針の変更を行いました。あまり注目される銘柄ではないですが個人的には少し気になることもあります。

今回はそんなセントラル硝子の株価と配当について、配当方針の確認に加えて業績推移・株価チャート・配当推移を分析してみました。

セントラル硝子の株価POINT
  • 株価には割安感があり年間配当利回りはやや高め
  • 配当方針変更により安定配当に期待できる
  • 業績が苦戦しているため抜本的構造改善を進めている
スポンサーリンク

セントラル硝子の事業内容と株価指標

はじめにセントラル硝子の事業内容と現在の株価指標の確認をしていきます。

セントラル硝子(4044)とは

セントラル硝子株式会社(セントラルがらす、英: Central Glass Co., Ltd.)は、ガラス製品・化学品を製造する日本の企業。設立の経緯から証券区分は化学になっている。略称はCGC

wikipediaより抜粋

海外にも事業を展開し歴史のある会社です。

参考:早分かりセントラル硝子|セントラル硝子

株価指標と配当利回りについて

現在の株価:2,424円

予定年間配当:75円

年間配当利回り:約3.09%

予想PER:15.1倍、PBR:0.6倍

※株価は2020年2月7日終値

株価は割安水準ですがガラス製品・化成品というのを考えると目立って割安という感じでもないです。配当利回りは平均より高いです。

セントラル硝子の配当方針と配当推移

次にセントラル硝子の配当方針と配当推移を確認していきます。

配当方針について

株主への利益還元につきましては、中期計画(2018 ~ 2020年)では株主総還元性向30%以上を経営目標としておりますが、利益額の変動による影響を緩和し、より安定的な配当を実施すべく、従来の株主総還元性向に加えDOE(自己資本配当率)を指標として設定することといたしました。中期計画(2018 ~ 2020 年)の期間中においては、最終年度の経営目標でありますROE 6%をベースにDOEの目標を 1.8%に設定し、株主総還元性向 30%以上の目標と併せて利益の還元に努めて参ります。なお、上記利益還元の目標指標は、中期計画策定毎にROEなどの指標設定と併せて見直すことといたします。

資本政策の基本的な方針及び配当予想の修正に関するお知らせより一部抜粋|セントラル硝子公式サイト

日本では配当性向を利益還元の目標値とする企業が多いです。

配当性向は年度の利益に左右されるので配当が安定しにくいというデメリットがあります。自己資本を基準とした自己資本配当率を目標値とした場合は長期的に安定した配当を出すことがでるため特に外国人投資家に好まれるともいわれています。

ニチレイなど自己資本配当率を配当の目安とする企業はいくつかあります。どちらが良い・悪いは人によって考え方が違うので一概には言えないと個人的には思います。

配当推移について

下記はセントラル硝子の配当推移です。年2回、中間配当(9月)と期末配当(3月)を実施しています。

セントラル硝子の年間配当金推移

2015年3月期:45円
2016年3月期:50円
2017年3月期:55円
2018年3月期:50円
2019年3月期:75円
2020年3月期:75円 (予)

2019年3月期は配当方針の変更により期末配当を25円から50円に増額修正しました。2020年3月期の年間配当金は据え置き予定としています。配当性向は約46.6%の見通しです。

スポンサーリンク

セントラル硝子の業績推移と株価チャート

次にセントラル硝子の業績推移と株価チャートを確認していきます。

売上高・経常利益の推移

売上は若干減少し利益は中々厳しい推移です。2020年3月期の経常利益は当初118億円の見込みでしたが88億円に下方修正を行っています。ここ数年はフリーCFもマイナスが続いており踏ん張り時です。

株価チャートについて

下記はセントラル硝子の5年分の週足株価チャートです。

長期では一定レンジ内で推移しています。

ここ数年では2,000円割れは珍しいが3,000円超えも珍しいと言う印象です。ここ最近の株価ですが、2019年10月31日に抜本的な事業構造改善を実施すると発表したことで収益改善期待から上昇しましたが、その後は軟調に推移しています。

セントラル硝子の直近決算と今後

最後に、セントラル硝子の直近決算の確認と今後について考えていきます。

最近の決算

2020年2月3日の決算にて2020年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は63.1億円と発表、あわせて、通期の同利益を従来予想の102億円から88億円に下方修正しました。

前回決算にて118億円から102億円に下方修正を行いましたが再度の下方修正です。

個人的に気になっている動き

個人的に少し気になっている動きが南青山不動産(野村絢)が株式保有比率を高めていることです。2019年8月22日の受付報告書では保有比率が7.19%から8.24%に増加しており、ここ最近で保有率が高くなっています。

だからどうなるかというのはないですが、最近だとマクセルHDの件やもの言う株主なので気にはなっています。

今後について

ガラス事業は国内では成熟しておりこの先大きな成長見込みが薄いです。現在の利益のメインは化成品事業、中でも医療品関連製品です。大きく需要が増えるかどうかは見えにくい部分がありますが、いきなり無くなるというのも考えにくくこの利益を使い他の事業を成長させています。

現在の株価には割安感や配当利回りの高さがあり、構造改善できれば利益回復も見込めます。しかし、現時点ではどうなるのか見えにくい部分も大きいです。

タイトルとURLをコピーしました