株基礎知識入門

株基礎知識入門

株価チャートから「上昇メド」・「下落メド」を推測する方法について

「利益確定」や「損切り」をするときの目安となる「株がどこまで上がるのか」、「株がどこまで下がるのか」を株価チャートから推測する方法を確認。「買った株をどこで売るか」は事前に目標を推測をすることで決断がしやすくなります。
株基礎知識入門

株のナンピン買いとは何か。基本と危険な理由やメリット・デメリットを確認

やっても良いナンピンとやってはいけないナンピンとは何か。ナンピンの基本と危険性、メリット・デメリットを具体的に考えてみました。ナンピンはあくまでも「確率上の有利」と「損失額の不利」の交換です。基本はナンピンではなく損切りを考えるべきです。
株基礎知識入門

ROE【自己資本利益率】基本と投資目安となる数値・メリットとデメリットについて

ROE(自己資本利益率)とは何か、基本を簡単に確認。また、ROEの目安はいくつなのか、参考にする際のメリット・デメリットも見ていきます。ROEはJPX日経インデックス400株の銘柄選定にも使われる指標で企業の収益性を知るのに便利な指標です。
株基礎知識入門

割安株を見つける「PER」と「PBR」の基本、割安銘柄は本当に良いのか

株の割安判断にPERとPBRが使われることが多いです。「PER(株価収益率)」と「PBR(株価純資産倍率)」とは何か、基本の確認とそれぞれのメリット・デメリットに加えて、目安や割安銘柄は本当に良いのか、有効性も考えていきます。
株基礎知識入門

騰落レシオとは何か。株が買われすぎ・売られすぎの判断材料。有効性を分析

騰落レシオとは何か。どんな時に使えるのかを分析してみました。騰落レシオは市場参加者の強気、弱気を見る指標です。「株が買われすぎているか、売られすぎているか」の判断ができますが、株価を予測できるものでは無いです。
株基礎知識入門

株価のチャートと価格帯別の出来高で上昇した時・下落した時の目安を計る方法

「価格帯別出来高」と「株価チャート」から株価の上値メドと下値メドの目安を考える方法を簡単に見ていきます。株価がどこまで上昇するか・下落するかを計るのは重要ですが、指標はデータはあくまでも参考の一つで多くを組み合わせることが重要です。
株基礎知識入門

投資企業の経営状況をキャッシュ・フロー計算書で確認して銘柄を選別する

キャッシュ・フロー計算書は企業のお金の流れや経営状況を把握することができ、投資判断の材料になることもあります。今回は「キャッシュ・フロー計算書」の基本とキャッシュ・フローから何が分かるのかを確認していきます。
株基礎知識入門

NT倍率とは何か。簡単な解説と大きく上昇している理由・NT倍率の推移を確認

NT倍率とは何か、簡単な解説やNT倍率の推移を確認し、NT倍率から見えること、上昇している理由を考えてみました。NT倍率は「日経平均株価」と「TOPIX」から導かれるものです。上昇・下落で銘柄に影響はないですが、上昇要因を探ることでさまざまなモノが見えてきます。
株基礎知識入門

ローソク足チャートのパターンや種類を知ることがテクニカル投資の一歩目

テクニカル分析の超基本であるローソク足について、そのパターンや種類の基本を簡単に解説していきます。ローソク足はものすごく基本ですが、今現在の状態を視覚化したもので非常に便利なものです。他の指標と組み合わせて利用することも多いため、テクニカルの基本と考えています。
タイトルとURLをコピーしました