人気投資テーマの「キャッシュレス決済」。日本でキャッシュレス化は進むのか

PayPayやLINEPayをはじめ、QR決済が普及し始めていますが、今後QR決済を含めたキャッシュレス決済が日本でどのように進むのか考えてみました。

「キャッシュレス決済」は株の投資テーマとしても人気で、多くの銘柄が紹介されています。




キャッシュレス決済とは

QR決済、クレジットカード、電子マネーなどの現金を使わず電子決済することです。

キャッシュレス決済のメリットは現金の製造、流通コストの削減。決済業務の効率化。現金目当ての強盗防止。脱税、マネーロンダリング防止などです。

反対にデメリットとしては電子機器が使えない状況だと使えない、災害などで使えなくなる可能性がある。スキミング、ハッキングなどのリスクがあるなどです。

政府は消費税増税後の消費落ち込み対策でこれらキャッシュレス決済をした際のポイント還元事業をすすめています。このことから政府も本格的にキャッシュレス化をしようとしているのがわかると思います。日本ではこれまでクレジットカード決済が普及しなかった「キャッシュレス後進国」です。

クレジットカードを持っている人は多いですが、普段の会計で利用する人はまだ少なく、小さなお店では使えないのが現状です。

外国でのキャッシュレス決済普及

日本と比べると韓国はクレジット決済の比率とても高く、中国ではQR決済(アリババ)の比率がとても高いです。

それぞれ、普及したのにはいくつかの理由があります。

韓国ではクレジットカードでたくさん買い物すれば税金が控除される。中国では、偽札が多い、クレジットカードを作れない人が多いという理由に加え、QR決済の引落口座の利息が高いということで急速に普及しました。

中国の場合、QR決済が普及したというよりはクレジットが普及できない環境だったので普及した感じな気もします。

日本でキャッシュレス化は進むのか

現在、日本ではQR決済でのさまざまなポイント還元やCMなどを打ち各会社が普及するように頑張っていますが、個人的にはポイント還元のような利点がなければ今までと変わらず現金かクレジットカードを使いそうです。

とはいえ、先日から問題になっているコンビニなどでは人手不足が更に深刻になっていくのでキャッシュレス化は進んでいきます。

問題は「どれが普及するか。」です。

クレジットカードでの決済が普及しなかった理由に導入コスト・手数料・入金タイミングが遅く、そもそも導入できない店が多くあったことです。その点ではQR決済ははるかに導入しやすいです。

店側の視点ではQR決済は利点が多いですが、利用者側からするとまだまだ利点は少ないです。

また、これまで日本ではたくさんの規格戦争がたくさんありました。古くはVHSとベータ。家庭用ゲーム機などなど、今回のキャッシュレス戦争もこれから生き残りをかけ熾烈な争いが始まります。

最後に

QR決済が普及するのか、クレジット決済が普及するのか。はたまた、別の何かが普及するのか。それはわからないですが、この先、キャッシュレス化は間違いなく進んでいきます。

「なにが普及するのか。」を考えるより、どれが普及しても利益を手にする可能性のある企業に投資するのが一番良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする