キャッシュ・フロー計算書とは何か、投資銘柄(企業)のお金の流れの基本

企業の経営状況を知る方法の一つに「キャッシュ・フロー計算書」があります。今回は「キャッシュ・フロー計算書」の基本と何が分かるのかを確認していきます。キャッシュ・フロー計算書からはお金の流れや経営状況(倒産リスクなど)を把握することが出来ます。

スポンサーリンク

キャッシュフロー計算書の基本

はじめに「キャッシュ・フロー計算書」の基本を確認していきます。

キャッシュ・フロー計算書とは

キャッシュ・フロー計算書(キャッシュフローけいさんしょ、C/F、cash flow statement)もしくは現金流量表(げんきんりゅうりょうひょう)は企業会計について報告する財務諸表の1つである。このC/Fは会計期間における資金(現金及び現金同等物)の増減、つまり収入と支出(キャッシュ・フローの状況)を営業活動・投資活動・財務活動ごとに区分して表示する。

キャッシュ・フロー計算書 – Wikipediaより抜粋

キャッシュ・フロー計算書を簡単に言うと「会社の家計簿」です。お金(資産)が増えたのか減ったのか、どこにお金を使っているのかがわかります。

家計だと、収入が減ると貯金を切り崩してやりくりすることになります。当然、そのような生活ではいつかは家計が崩壊します。企業も同じように収入と支出が釣り合っていないと、いつかは崩れていきます。

会社の家計簿を大きく分けると「営業活動によるキャッシュフロー」、「投資活動によるキャッシュフロー」、「財務活動によるキャッシュフロー」の3つです。

営業活動によるキャッシュフローとは

本業でお金がどれだけ増えたのか、減ったのかが分かります。ざっくり言うと「商品を仕入れて販売した売上から人件費などの経費を引いた金額」です。この項目がプラスの場合は本業が好調で逆にマイナスの場合は本業で苦戦しています。

5年連続でマイナスだとジャスダックの上昇廃止基準に該当することからも、何年もマイナスが続いている会社は危険です。

投資活動によるキャッシュフローとは

株、債券や資産(土地・建物)などでお金がどれだけ動いたのかを表します。企業が成長するためには設備投資は欠かせません。そのため、優良企業・成長企業の多くがこの項目はマイナスです。

プラスとなっている企業は設備や土地・建物、株などを売却してお金を手に入れています。一時的なプラスは問題ないですが、何年もプラス、何度もプラスの場合は現金が足りなくて身を削っていると見ることが出来ます。

財務活動によるキャッシュフローとは

資金の調達・返済を表します。簡単に言うと「借りたお金と返したお金」です。借金の返済や株主への配当金の支払いはマイナス。逆に借り入れ・新株発行などで資金調達した場合はプラスとなります。

成熟企業は借入を減らし配当を出すためマイナスであることが多いですが、成長企業は資金調達が多くなるためプラスであることが多いです。この項目は他の項目と合わせて見ることが重要です。

キャッシュ・フロー計算書での具体的な投資判断

キャッシュ・フロー計算書はあくまでも会社の一面で全てを把握できるわけではないですが、経営状況を確認することが出来ます。

優良安定企業のキャッシュフロー例

優良安定企業のキャッシュフローは、営業CFがプラス、投資CF、財務CFがマイナスで推移します。下記は優良安定銘柄の代表格である花王のキャッシュフロー計算書です。

決算期営業CF投資CF財務CF
2019/12244,523-94,266-126,166
2018/12195,610-157,895-108,579
2017/12185,845-96,146-53,244
2016/12184,307-88,639-95,043
2015/12181,672-74,124-20,773

本業(営業CF)がしっかりプラスで推移。投資、財務(配当、借金返済)にお金を回しても現金が余っています。しっかりと利益を上げているからこそできるキャッシュフロー計算書です

経営状況が苦しい企業のキャッシュフロー

次に、2019年にファンドの傘下に入ることが決定し、上場廃止となったパイオニアのキャッシュフロー計算書を見てみます。

決算期営業CF投資CF財務CF
2018/315,943-33,15814,264
2017/319,614-34,0091,446
2016/319,292-20,0833,408
2015/334,56436,880-55,424
2014/334,242-21,862-887

数年前から厳しいのがわかります。2015年3月期は事業譲渡を行い、一時的なお金を得ていますが、その影響からその後の営業CFが大きく下落しています。

流れを見ることが重要

キャッシュフロー計算書は1期だけ見るのではなく、過去数年分の流れをしっかり確認することが重要です。

最後に

企業の経営状況を知る方法はほかにもあります。今回はキャッシュ・フロー計算書を見ていきました。一つ一つをしっかりと理解することで少しずつ投資能力がついていきます。

キャッシュ・フロー計算書をみて気になる推移をしていた企業が新株予約権を行使して株価が急落した。ということも過去にあります。

キャッシュ・フロー計算書では株価の割安、割高はわかりませんが、会社の経営状況を知ることができます。さまざまな角度から企業をみて投資判断することが重要です。

タイトルとURLをコピーしました