仮想通貨(ビットコイン)はどこまで下落するのか

2018年12月現在、ビットコインをはじめ仮想通貨が下落し続けています。

ちまたでは「そろそろ買い時では?」との声が聞こえる一方、「仮想通貨はもうダメ」という声もあります。

今後、仮想通貨(ビットコイン)はどうなっていくか、上がる可能性、下がる可能性を見ていきます。

仮想通貨にはたくさんの種類がありますが、現在時価総額1位がビットコインの約6兆7千億円。2位が約1兆4千億円のリップル、3位が約1兆円のイーサリアムです。

※2018年12月12日時点

下落したとはいえ、一番時価総額が大きいビットコインを中心に考えていきます。




現在の下落は一時的論

現在の下落は一時的なものだとする人はたくさんいます。

理由としてはビットコインは過去にも同じように暴落した事が何度かあったが復活してきたこと、今までが上がりすぎていただけで、まだまだ伸びしろがあること。

実際に伸びしろと言われているものがいくつかありますが・・・

・ビットコインETF

来年の2月にビットコインETFが認可されるかどうかの最終判断がされる。現時点では厳しいが、2月にどうなっているか。将来的に認可されることになれば、機関投資家の資金が流入する。(機関投資家の資金が流入されると必ずしも上がるわけではないですが・・・)

・進化する可能性

現時点で問題があり(下記に記載)、そのためビットコインが下落していますが、当然、それら問題を把握しており、今後改善されていく可能性があること。

仮想通貨(ビットコイン)は終わった論

ビットコインが出現したときの最大のメリットの一つに送金手数料の安さがありました。

しかし、ビットコインの値段が上がれば手数料が多くかかり、利用者が増えると送金の時間がかかり、「実用化」が厳しい。というのが明るみになりました。

※このビットコインのデメリットを解消した仮想通貨にリップルがあります。送金手数料、送金時間も圧倒的に早いです。そのため、他の仮想通貨に比べるとあまり下落していません。(下落していないのはあおりが多いからな気もしますが)

他にもマネーロンダリングの問題、市場規模が小さく価格操作がされてしまう。また、世界的にビットコインは金融商品・通貨ではない。との見方も出ており、今後「仮想通貨」という名前ではなく、「暗号資産」とする動きも出ています。

まとめ

仮想通貨の動きは投資ではなく、ギャンブルになっています。

投資先としては、オススメできないですが、「宝くじ、パチンコ、競馬など」のギャンブルに使うよりは、よっぽど良いかと思います。

買うとしても、無くなってもよいくらい少額で、かなり長期な目線(3年くらい放置)ならありなのかと。

ちなみに私はビットコインとイーサリアムをものすごく少しだけ持っています。上がる上がらない。というよりは単純に興味があったからです。

しばらく買い増しする予定はありませんが、落ち着いてきたらもう少しだけ買うかもしれません。買ったのは1年以上前なので含み損もほとんどないです。なぜ上がった時に売らなかったかというと、もともと買った時から5年くらいは持とうかと考えていたからです。どうせ少額ですし。

今後、買うのはビットコインなのかイーサリアムなのか、リップルなのか。はたまた全く別か。その時にならないとわからないですが・・・。

とりあえず、しばらくは様子見です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする