アルプスアルパイン【6770】株価分析!大きく下落し安値で推移・業績回復傾向

電子部品大手のアルプスアルパイン(6770)。今後の株価と配当はどうなるのか、業績推移・株価チャート・配当推移を分析してみました。

アルプスアルパインの株価POINT
  • 割安感あり、やや高めの配当利回り
  • 業績回復も厳しい株価の推移
スポンサーリンク

アルプスアルパインの株価情報と事業内容について

アルプスアルパインの株価情報と事業内容を見ていきます。

株価指標

株価:1,446円
予想PER:9.08倍
PBR:0.77倍
予想EPS:159.26円
時価総額:3,171億円

2022年6月23日終値時点のデータです。
最新の株価参考:アルプスアルパイン(株)【6770】:Yahoo!ファイナンス

PER、PBRともに割安感があります。

アルプスアルパイン(6770)とは

アルプスアルパイン株式会社(アルプスアルパイン、ALPS ALPINE CO., LTD.)は、日本の電子部品・音響機器・カーナビゲーションを製造販売する大手電機メーカーである。

各種スイッチやエンコーダ、センサ、チューナーや送受信ユニットといった高周波デバイス、光通信デバイス、タッチパネルやキーボードなどの入力デバイスなど、IT環境に不可欠な電子部品も製造している。

アルプスアルパイン – Wikipediaより抜粋

2019年に電子部品のアルプス電気と車載情報機器のアルパインが再統合、アルプス電気株式会社から商号を変更しています。

ゲーム機やモバイル機(スマートフォン)向けの製品が好調です。

アルプスアルパインの業績推移と株価推移について

アルプスアルパインの業績推移と株価推移を見ていきます。

売上高と経常利益・最終利益の推移

2020年3月期、2021年3月期と連続最終赤字。

2022年3月期は最終黒字回復、2023年3月期は更に回復見通しとしています。

参考:IR情報|直近の業績概要|アルプスアルパイン

株価の推移

下記はアルプスアルパイン5年分の週足株価チャートです。

株価は業績悪化の影響で長期で下落しています。

2022年5月以降で見ると、弱めですが上昇する気配も出ています。

スポンサーリンク

アルプスアルパインの配当情報と決算内容について

アルプスアルパインの配当情報と決算内容を見ていきます。

配当情報

2023年3月期の予定年間配当:40円
予想年間配当利回り:2.77%

株価が大きく下落した影響もあり、やや高めの利回りです。

配当金の推移

下記はアルプスアルパインの配当金推移です。
配当権利日は、9月(中間配当)と3月(期末配当)です。

アルプスアルパインの年間配当金推移

2018年3月期:37円
2019年3月期:50円
2020年3月期:30円
2021年3月期:20円
2022年3月期:20円
2023年3月期:40円(予)

2020年3月期、2021年3月期と連続減配、2023年3月期は増配予定としています。

配当性向は2022年3月期が18%、2023年3月期の予想が約25%です。

株主還元方針について

中期経営計画(~2025年3月)にて、株主還元方針を「1株当たり当期純利益の25%、または1株当たり20円のいずれか金額の高い基準を単年度の配当」、「中期経営計画期間(3年間累計)平均35%の総還元性向とする」としています

参考:IR情報|当期の連結決算資料|アルプスアルパイン

決算内容について

2022年4月28日に決算発表。
2022年3月期の連結経常利益は402億円と発表。

2023年3月期の同利益は475億円見通し、年間配当は40円予定としています。

アルプスアルパインの今後について

アルプスアルパインの今後について考えてみます。

今後について

2022年3月期はゲーム市場及びスマートフォン市場が好調なのに加え、円安で推移したことで想定以上に業績回復

2023年3月期は更に回復見通しとしています。

成長期待

2022年4月から第2次中期経営計画がスタートし、事業セグメントを整理。

「収益基盤の維持・拡大」を目指す事業、「今後の成長領域」と位置づける事業などに整理し、成長に向けた取り組みを進めています。

リスク要因

物流・原材料・エネルギーなどのコスト高騰、為替の動向に加え、製品の品質に問題があった場合、業績に悪影響する可能性も想定されます。

タイトルとURLをコピーしました