人工知能(AI)が投資をする時代

近年、「人工知能(AI)に投資を任せる。」というのを頻繁に見かます。多くのヘッジファンドも実際に取り入れているようです。

その中でも、特にロボットに自動で資産運用を任せるというのが流行っていて、多くの人が利用しており、ロボ系自動投資のブログも数多く見ます。

私は仕事柄少しだけ機械学習やAIについて触れていたので、そちらの視点から「人工知能(AI)が投資をする。」について考えてみます。




人工知能が得意なこと

AIは大量データの処理スピードとその正確性は人間には到底及ばない能力を持っています。過去の膨大なデータから共通点を見つけるのも得意です。

例えば、WEBサイトやSNSを見ていると広告が表示されると思います。この広告は見ている人の年齢、性別などの属性、興味に合わせて変化します。コンピュータが最適なものを自動で選んでいるのです。

投資で考えると、テクニカル分析が当てはまります。

移動平均、ボリンジャーバンド、RSI、などなど過去の大量データを分析し、予測する能力は人間よりはるかに優れているでしょう。

もう一つ、重要なのは感情がないことです。淡々と取引を行うことができるのが強みとも言えます。

人工知能が苦手なこと

人工知能が苦手な代表格に創造することがあります。過去のデータを元に作り出すことは非常に得意ですが、新しいものを作り出すのは苦手です。

リーマンショックなどの過去のデータが役に立たない場面が出たとき、正しい判断ができる可能性は限りなく低いと思われます。

また、「考える。」ということが人間とは異なります。

「人工知能が考える。」とはデータから最適解を導くことで、そこには常に明確な理由があります。

「人間が考える。」とは直感的なものが含まれます。

投資を行う上で直感的な要素はマイナスになることもありますが、人工知能が答えを出せないものでも、人間には答えが出せることがあります。(あってるか間違っているかは別として)

まとめ

ロボットが資産運用した場合のシミュレーションをよく見ますが、ほとんどが「過去から現在まで運用したと仮定」したものが多いです。

人工知能は過去のデータから最適解を導くことが得意なので、そのシミュレーション上での成績が優秀なのは当然です。

現在の人工知能は得意分野、不得意分野がはっきりと分かれています。投資の分野において、まだまだ実績が少ないのも事実です。とはいえ、これから凄まじいスピードで人工知能が発達していくのは間違いないです。

ロボットに資産運用を任せることは全く否定しません。私も非常に興味があり、間違いなく今後利用していきます。人間以上の能力を持っているのも事実です。ただし、ロボットに全て任せてあとは知らない。というのは少し危険とも思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする